« 中国と韓国 | トップページ | トヨタの新型株 »

韓国MERSの影響

隣国・韓国での新型感染症、中東呼吸器症候群

(MERS〈マーズ〉)の感染拡大です。
日本への上陸可能性も取り沙汰されています。
その影響は、すでに苦境に立たされていた
韓国経済のみならず、日本でも旅行会社を
中心に暗い影を落とし始めているそうです。
韓国では先月初め、中東から帰国した
男性会社員が発症。
だが、MERSと診断されないまま、病院を
変えながら通院したことで、医療関係者や
通院・入院先の患者が次々と感染したそうです。
韓国政府の後手に回った対応も相まって、
感染者数は日々拡大、6月11日現在で122人、
死亡者数は9人を数えているそうです。
隔離対象者数は10日に、前日から547人増の
3439人となるなど、韓国は目下、パニックとも
いえる状況に陥っているそうです。
韓国の旅行関係だけで終わればよいですよ。
日本国内での感染が起これば、
日本国内外の観光は駄目になりますからね。
そのときは、ビジネスにも影響が
出てきます。
韓国で、早く終息すればよいですが。

|

« 中国と韓国 | トップページ | トヨタの新型株 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事