« スマートレター | トップページ | アップルウォッチ »

中国の鉄道ビジネス

中国の海外での鉄道ビジネスが

失敗しているそうです。
イタリアの防衛・航空大手フィンメカニカの
鉄道関連子会社2社の買収合戦に
中国IT企業が名乗りを上げたそうです。
日立製作所と一騎打ちになったが、
先月下旬にあえなく日立に敗北したそうです。
昨年11月には、中国の企業連合が
約5000億円で落札したメキシコ初の
高速鉄道の建設契約も取り消されたそうです。
プロジェクト自体が棚上げされたそうです。
また、中国が受注を狙っている
インド高速鉄道についても、インドの
閣外相が先月末に日本の新幹線採用の
可能性に言及したいるそうです。
低コストを売りに世界各国の鉄道事業への
参画を目指している中国だが、つまずきが
目立っているそうです。
中国は価格が安いですからね。
当然ですよね。
1から開発したノウハウはありませんから。
日本は、何十年も研究開発して
今の技術があります。
でも、日本が勝ったのはいいことです。

|

« スマートレター | トップページ | アップルウォッチ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事