« 韓国の旅行業界 | トップページ | セブンイレブンが高知へ »

アメリカのマクドナルド

米ファストフード大手マクドナルドです。

4日、米国部門が今後2年をかけ、ヒトに
使用される抗生物質を投与し飼育された
鶏肉の購入を段階的に中止していくそうです。

鶏ふ化場での抗生物質投与も対象となるが、
ヒトに使用されないイオノフォア抗生物質を
「節度を持って使用している」養鶏所の
鶏肉については、今後も購入していくという。

抗生物質の効かない薬剤耐性菌「スーパーバグ」の
感染への懸念が高まっている中、消費者擁護団体や
公衆衛生の専門家の間からは定期的に家畜に
抗生物質を投与する慣行を批判する声が
上がっているそうです。

つまり、抗生物質を使った鶏肉を
食べているということですね。

知りませんでした。

先日は、中国での問題がありました。
異物混入問題もあります。

そして、今回の問題もあります。

ハンバーガーを食べるのに
躊躇しますね。

   

|

« 韓国の旅行業界 | トップページ | セブンイレブンが高知へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事