« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

タコベル

米大手ファーストフードで「タコベル」というのが
あるそうです。

4月21日、東京・渋谷に第1号店を
オープンするそうです。

日本からは一度撤退しており、約20年ぶりの
“再上陸”になるそうです。

米国では毎週4200万人が通うという
人気チェーンだそうです。

オープンの準備を進めている場所は、
東京・渋谷の道玄坂だそうです。

今年2月、焼き肉チェーンの「牛角」などを
運営するアスラポート・ダイニングが
日本でのフランチャイズ契約を結んだそうです。

メキシカンファーストフードのようです。

エビを使った「シュリンプ・アンド・
アボカド・ブリトー」や「タコライス」なども
提供するそうです。

成功するでしょうか。
日本人は、好みがうるさいですからね。
注目です。

|

三菱電機の液晶テレビ

三菱電機は29日、液晶テレビ「リアル」の一部で、視聴中に電源が突然切れるなどの
障害が全国で起きたそうです。

29日午前0時頃から、電源が切れたり

入ったりを数分おきに繰り返すといった
不具合の報告が相次いだそうです。
障害は正午頃まで続いたそうです。

2010年以降に発売された製品

(最大で約162万台)に影響があったそうです。

家電メーカーは、テレビに内蔵されている

ソフトウェアを更新するため、放送電波を
利用して、各家庭のテレビ(他社製品も含む)に
データを配信する仕組みだそうです。

三菱電機によると、今回の原因となった
データは、他社が配信したもので、
三菱電機が配信停止を要請したことで、
障害が復旧したそうです。

そんなことがあるのですね。
テレビで、ソフトウェアを更新するのですね。
そして、他社の配信したデータというのも
驚きます。
遠隔操作の問題とかないのでしょうかね。

|

ブラック企業

ブラック企業の問題です。

安倍総理大臣は、違法な長時間労働
などをさせている、いわゆる「ブラック企業」に
ついて発言したそうです。

是正指導の段階で企業名を公表する

考えを示したそうです。

安倍総理は、長時間労働の是正に

強い意欲を示したうえで、企業名の公表の
具体的な方法について、厚生労働大臣のもとで
検討させる考えを示したそうです。

ブラック企業の問題を巡っては、現在は、
まず是正指導をして、それに従わない
悪質なケースについて書類送検し、
企業名を公表してきたそうです。

安倍総理の今回の発言には、指導を受けても
長時間残業を続ける企業が存在する
現状を改善する狙いがあるそうです。

確かに、減りませんからね。
公表すべきですね。
首相が発言するのは異例ですが、
それだけ、重要だということですね。

|

韓国がアジアインフラ投資銀行に参加

韓国政府は26日、中国主導の

アジアインフラ投資銀行(AIIB)に
創設メンバーとして参加するそうです。
企画財政省は声明で、AIIBはアジア地域への
投資を促進し、既存の国際的な開発銀行と
補完関係を保つことが意図されていると
指摘したそうです。
AIIBには当初、21カ国が創設メンバーとして
参加を表明し、その後さらに6カ国
(訂正)が加わったそうです。
企画財政省によると、韓国とその他の6カ国は
まだ、創設メンバーとして正式に認められて
いないそうです。
韓国は、参加するでしょうね。
中国とのビジネスがアメリカを超えています。
影響が大きいですからね。
昔のように中国の属国になりそうですね。

|

上野東京ラインの評価

14日に開業したJR東日本の「上野東京ライン」です。

インターネット上の反応が大きく
分かれているそうです。

上野駅が終点だったJR常磐、東北(宇都宮)、
高崎各線が東京駅に乗り入れるようになりました。
北関東から首都圏への利用者は歓迎ムードだそうです。

一方、東海道線の一部区間では混雑が
激化したと訴える声も相次いでいるそうです。
評価は分かれているそうです。

混雑が緩和されるということだったですが、
そうでもないところもあるようです。

東海道線ユーザーの反応が
悪いようです。

確かにそうかも知れませんね。

でも、全体的に評価する必要が
あります。
具体的なデータで客観的に
把握しないといけませんね。

|

トクホのノンアルコール飲料

サッポロビールは23日、ノンアルコール飲料として初めて「特定保健用食品(=トクホ)」の
表示を認められた商品を販売するそうです。

 「トクホ」とは、食生活の改善が図られ、

健康の維持などが期待できる食品への
表示を消費者庁が審査し、許可するものです。

「サッポロプラス」は、酒類のコーナーで
販売するなど未成年が購入しないように
取り組むことなどを条件に、ノンアルコール
飲料として初めて「トクホ」の表示が認められたそうです。

5月26日から全国で販売されるそうです。
350ミリリットルで、148円だそうです。

健康によいという商品です。コーラが、トクホで認められました。

ノンアルコールでトクホというのは、
健康志向で売れるかも知れませんね。

|

中国撤退ビジネス

中国撤退ビジネスが人気になっているそうです。

中国に進出していた日本企業の経営環境が
厳しくなり、中国離れが加速しているそうです。

こうしたなか、事業や設備の売却を
仲介するなどして撤退を支援するビジネスが
活況を呈しているそうです。

撤退の理由は中国国内での反日感情の高まりや
人件費高騰などを背景だそうです。

こういうビジネスが活況なのは
問題ですね。

1年前から、中国進出をためらう
日本の中小企業に代わって商品を販売する
サービスもでているそうです。

販売パートナー確保や商談、貿易手続きを
肩代わりし、商品も買い取るため、
顧客は同社に商品を卸すだけで済むそうです。

安易に中国に工場などを作ったつけですね。
仕方ないですね。

これから、中国に進出する企業は
覚悟が必要ですね。

|

ビール業界

リーマンショック以降に“家飲み需要”が
増えたそうです。
また、若者の生活スタイルが変化して
きたことなどにより、日本人のお酒に
対する嗜好は年々多様化しているそうです。

特に、ビールは、進化しているそうです。

長年ビールを飲み慣れたヘビーユーザーに
聞けば、「キレ・コク・辛口」と、ビールに
求めるキーワードは決まっているそうです。

その一方で、若年層を中心にビールが
苦手という人にとっては、固定された
苦味イメージが“飲みにくさ”に繋がって
いるそうです。

いろいろなビールがあります。
よくわかりませんね。

そんなビール市場で、いま新たに
「フレーバービール」という新しい

ジャンルが形成されようとしているそうです。

サントリーはビアテイスト飲料『サントリー ラドラー』を

3月24日から発売するそうです。
ビールの“飲み応え”にレモン風味を加えて
爽やかな後味に仕上げたそうです。

どんどん新商品がでてきますね。
ビール業界は、すごいと思いますね。

|

イオンの格安スマホ

イオンが19日、格安スマートフォン

の春夏モデル3機種を発表したそうです。
22日から順次発売するそうです。
3機種とも日本メーカー製で、安価な
料金だけでなく端末の性能や
ブランド力を売りにしているそうです。
利用者の拡大につなげたいそうです。
3機種は、
ソニーから独立したVAIO(バイオ)が
初めて手掛けるスマホ
耐久性が高い京セラ製
「おサイフケータイ」機能のついたソニー製
だそうです。
端末代の支払いを含めた毎月の
料金プラン(通話料は除く)は
2799~5252円で、端末やデータ
通信容量によって異なるそうです。
端末代を含んでいれば、
安いですね。
あとは、スピードや使いやすさですね。
見てみたい気もします。

|

韓国のミサイル防衛

韓国での北朝鮮からのミサイル攻撃を想定した

米軍の最新鋭防空システムの
配備についてです。
韓国は、安全保障上の最重要同盟国である
米国と、最大の貿易相手国である中国との
間で板挟みになっているそうです。
米軍当局者は昨年6月以来、北朝鮮からの
ミサイル攻撃の脅威が高まっているとして、
韓国に地上配備型迎撃システム
「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を配備する
必要があると主張しているそうです。
韓中関係を考えたときは、中国の懸念を
心配しているそうです。
中国は、暗に、反対していますからね。
韓国は、昔から中国にすりよって
いますからね。
韓国はどうするでしょうか。
安全保障の問題ですから重要です。

|

任天堂とDeNA

任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)が

業務・資本提携するそうです。
スマートフォン向けのゲームを
開発するそうです。
ゲーム業界で主戦場となっている
スマホ向けで両社とも単独で事業成長モデルを
描くのが難しいと判断したためだそうです。
「スーパーマリオ」など人気キャラクターの
ブランド力を持つ任天堂と、スマホ向けの
サービス運営ノウハウを持つDeNAの
協業で他社との差別化を図る考えだそうです。
スマホ向けの競争は激化しており、
思惑通りとなるかはわからないそうです。
任天堂は、完全に、スマホに遅れましたからね。
DeNAもスマホでは、どうなのでしょうか。
やっぱり、優秀な人材でしょうね。
ゲームは、クリエーターの能力ですからね。
これからに注目です。

|

プリウス

米カリフォルニア州は、厳しい排ガス規制で

知られているそうです。
ハイブリッド車(HV)が肩身の狭い
思いをしているそうです。
もはや最新技術とはみなされず、エコカーの
定義からも外されたそうです。
流れは他の州にも及んでおり、各メーカーは
次世代エコカーの投入を急いでいるそうです。
2011年にHVがエコカーから除外され、
電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車
(PHV)などに絞られたそうです。
ハイブリッドでは、アメリカの企業は
勝てませんからね。
日本だけ優遇することになりますからね。
アメリカらしいですね。
でも、電気自動車は、まだまだだと思いますが。

|

ザクとうふ

「ザクとうふ」が人気のようです。

「ザクとうふ」というユニークな
豆腐です。

アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する
人型兵器「ザク」の形状を模した
枝豆風味の商品だそうです。

2012年3月の発売以降、シリーズ累計
420万個売れる人気ぶりだそうです。

そんなザクとうふを手がけたのが
前橋市鳥取町に本社がある
「相模屋食料」だそうです。
03年度に年商28億円だった同社は、
その後10年で157億円にまで成長したそうです。

今や豆腐業界のリーディングカンパニーだそうです。

いろいろなヒット商品があるそうです。

食品もアイデアですね。
消費者に受け入れられる商品を
開発することが重要です。

|

無線送電技術

電気を電波に変えて無線で送る「無線送電技術」です。

三菱重工業は12日、、国内最大出力・最長距離の
実験に成功したそうです。
送電電力10キロワット、距離は500メートルを
達成したそうです。
災害時や送電線の敷設が困難な場所への送電、
電動車両の充電などへの応用を想定しているそうです。
早ければ5年後の実用化を目指すそうです。
実験は先月24日、同社神戸造船所(神戸市)で
実施したそうです。
電気をマイクロ波に変えたビームを
送電部から発射し、受電部でマイクロ波を
直流電力に変換、発光ダイオード(LED)を
光らせることに成功したそうです。

早く実用化されると、いいですね。
送電線がいらなくなります。
海の上からでも電気を送れます。

技術がどんどん進化しますね。

|

NISA

少額投資非課税制度(NISA)が
昨年1月にスタートしました。
2年目を迎えました。

「貯蓄から投資へ」の流れを
推進する目的です。

しかし、すでに開設されたNISA口座のうち、
実際に投資した人の割合は半分以下に
とどまっているそうです。

「笛吹けど踊らず」と、証券関係者は
現状を打ち明けているそうです。

証券業界は、激しい口座獲得合戦を
繰り広げてきたそうです。
口座の稼働が高められないと
「貯蓄から投資」も絵に描いた餅に
なりかねないそうです。

2年目は正念場の年になりそうだ。

株は、難しいですからね。
儲かる人は限られてきます。

NISAでやる、初心者は、勝てませんよ。
投資しないのもわかります。

|

自動起床装置

面白い自動起床装置が売れているそうです。

目覚まし時計ですね。
音がしないのに確実に起きられる、
という目覚まし「自動起床装置」だそうです。
売れているそうです。
商品名は、なんと「やすらぎ」というのだそうです。
製造・販売するのは山口県下関市の
新光電業。従業員約50人の機械メーカーだそうです。
元々、絶対に寝坊できないJRの
乗務員や消防士らが宿直などで
使っていたそうです。
最近は個人からの注文も増え、
在庫切れになるほどの人気だそうです。
そのヒミツは、設定した時間に敷布団の
下の袋がふくらむ仕掛けにあるそうです。

ベッド脇に置かれた一辺30センチほどの
金属製の箱からベッド下に伸びたホースに
空気が送られ、敷布団の一部が膨らむそうです。
駅員たちによれば、
「あまりに不快で起きてしまう」
「目覚まし時計よりも威力がある」
だそうです。
面白いですね。
こういうのって口コミで売れていくのでしょうね。
名前もユニークですね。
使って見たい気もしますね。

|

アップルウォッチ

米Appleは3月9日、スマートウォッチ

「Apple Watch」の詳細を発表したそうです。
米国や日本で4月24日に発売するそうです。
予約は4月10日に開始するそうです。
3モデルをラインアップし、
標準の「Apple Watch」はステンレス
(シルバー、スペースブラック)の
ケースにサファイアガラス、
「Apple Watch SPORT」は
酸化皮膜処理のアルミニウム(シルバー、
スペースグレイ)のケースにIon-Xガラス、
カラフルで耐久性の高いバンド、
高級モデル「Apple Watch Edition」は
18金(イエロー、ローズ)のケースに
サファイアガラス、洗練されたバンドと
バックルを備えるそうです。
メールの通知などiPhoneと連係する
各種機能に加え、Apple Watchから
電話したり、iPhoneカメラのファインダー
として使ったり、音楽再生機能を
操作したりできるそうです。
Siriの利用や、iPhoneのGPS機能と
無線LANを使って移動距離の把握や
地図を表示するといったことが
可能になっているそうです。
サムスンやソニーも販売しています。
アップル製品が売れるでしょうか。
新しい機能は何なのでしょうか。
注目ですね。

|

中国の鉄道ビジネス

中国の海外での鉄道ビジネスが

失敗しているそうです。
イタリアの防衛・航空大手フィンメカニカの
鉄道関連子会社2社の買収合戦に
中国IT企業が名乗りを上げたそうです。
日立製作所と一騎打ちになったが、
先月下旬にあえなく日立に敗北したそうです。
昨年11月には、中国の企業連合が
約5000億円で落札したメキシコ初の
高速鉄道の建設契約も取り消されたそうです。
プロジェクト自体が棚上げされたそうです。
また、中国が受注を狙っている
インド高速鉄道についても、インドの
閣外相が先月末に日本の新幹線採用の
可能性に言及したいるそうです。
低コストを売りに世界各国の鉄道事業への
参画を目指している中国だが、つまずきが
目立っているそうです。
中国は価格が安いですからね。
当然ですよね。
1から開発したノウハウはありませんから。
日本は、何十年も研究開発して
今の技術があります。
でも、日本が勝ったのはいいことです。

|

スマートレター

日本郵便が、新しい郵便サービス「スマートレター」を

4月3日から始めるそうです。
小ぶりの雑貨や手紙などをA5サイズの
専用封筒に入れて送れるそうです。
180円の全国一律料金で、ポストに投函
すれば送付先の郵便受けに配達されるそうです。
インターネット上のフリーマーケットや
オークションなど、個人同士で荷物を
やり取りするニーズに応えるそうです。
3月末でライバルのヤマト運輸が
メール便「クロネコメール便」を廃止しました。
割高なサービスに変更することもあり、
手紙も送れる安いサービスを充実させて
利用者増につなげたいとの思惑があるそうです。
クロネコメール便はよかったですからね。
郵便局は、その顧客を取り込みたい
のですね。
180円だったら利用するかも知れませんね。

|

セブンイレブンが高知へ

高知県は、セブンイレブンがなかったそうです。

セブン-イレブン・ジャパンは6日に
高知県では初となる店舗を3店一斉に
開店するそうです
これにより四国4県への出店が
出そろうそうです。

高知県では、地元スーパーの系列企業との
フランチャイズチェーン(FC)契約と、JR四国との
提携によるJR駅構内の出店の2方式で
展開するそうです。
今回オープンする3店舗のうち、2店舗がFC契約、
残り1店舗が「セブンーイレブンKiosk」として
高知駅内にオープンするそうです。

これでセブンーイレブンの残る空白県は
沖縄、鳥取、青森の3県となるそうです。
高知は、フランチャイズが他のコンビニから
乗り換えるようです。
やっぱり、セブンイレブンのほうが売り上げは
よいでしょうね。
セブンイレブンのお店がどんどん
増えますね。

|

アメリカのマクドナルド

米ファストフード大手マクドナルドです。

4日、米国部門が今後2年をかけ、ヒトに
使用される抗生物質を投与し飼育された
鶏肉の購入を段階的に中止していくそうです。

鶏ふ化場での抗生物質投与も対象となるが、
ヒトに使用されないイオノフォア抗生物質を
「節度を持って使用している」養鶏所の
鶏肉については、今後も購入していくという。

抗生物質の効かない薬剤耐性菌「スーパーバグ」の
感染への懸念が高まっている中、消費者擁護団体や
公衆衛生の専門家の間からは定期的に家畜に
抗生物質を投与する慣行を批判する声が
上がっているそうです。

つまり、抗生物質を使った鶏肉を
食べているということですね。

知りませんでした。

先日は、中国での問題がありました。
異物混入問題もあります。

そして、今回の問題もあります。

ハンバーガーを食べるのに
躊躇しますね。

   

|

韓国の旅行業界

日本政府観光局(JNTO)の報告書だそうです。

日本を訪れた韓国人旅行者数は
過去最高を記録したそうです。
一方、韓国を訪れた日本人旅行者数は
1998年末の水準まで下落したそうです。
韓国旅行業界に赤信号が灯ったそうです。

JNTOによれば、2015年1月おける

韓国からの訪日外客数は、前年同期比で
40.1%増の35万8100人だったそうです。
国別の訪日外客数では1位だそうです。

すごいですね。

一方、1月の訪韓日本人旅行者数は、
前年同月比18.9%減少の13万9632人に
なったそうです。
29ヶ月連続で減少したそうです。
2015年1月の訪韓日本人旅行者数は1998年の
10万3633人以来の低い水準となったそうです。

韓国の旅行業界は大打撃だそうです。
大統領みずから、あれだけ反日をすれば、
日本人は、旅行にいきませんね。
戻らないでしょうね。

まあ。中国の人が行くのでよいと思いますが。

|

香港のデモ

今回の香港のデモは違うようです。

中国本土から押し寄せて乳幼児用粉ミルクや
日用品などを大量購入する“爆買い”が
横行しているそうです。
中国国内で転売するそうです。
香港郊外の繁華街で1日、反発した約100人の
デモ隊と警官隊が衝突したそうです。

価格の高騰や品不足を招いたと非難しており、
規制を求めているそうです。

デモが起きたのは、広東省深センに接する
香港北部の新界地区の繁華街、元朗だそうです。

約8時間の抗議活動を警官隊は
催涙スプレーを噴射して制圧し、デモに
参加していた13歳から74歳までの33人を
逮捕したそうです。

問題なのは、中国本土で転売することですね。
香港と中国本土で、輸入する品物が違いますからね。

日本の粉ミルクなどは人気があります。

でも、転売してまで儲けたいというのも
すごいですね。

|

バター不足

バター不足が起こっています。

農水省や同省の関連団体の統計によると、
昨年4月から12月の9カ月間の生乳生産量は、
約549万トンと前年同期比で2・0%減ったそうです。

腐敗しやすく鮮度が命の生乳はまず、
取引価格の高い牛乳(1キロ当たり115円)に
優先的に使われるそうです。

日持ちがして取引価格の安いバター
(同70円)の生産は後回しになるそうです。
その結果、同期間のバターの生産量は
4万4000トンと同7・5%減の品薄に
なったそうです。

なぜ生乳の生産量が減っているのか。
最大の要因は日本の乳牛頭数の
減少にあるそうです。

酪農家戸数の減少もあるそうです。
いま全国で約1万8000戸にとどまる。
高齢化が進み、採算がとれない
小規模農家がどんどん離農しているそうです。

でもですね。
なぜ、そうなっているかです。
利益が少ないからです。
企業がもっと農業や漁業に進出できれば
かわります。
でも、それができないのですね。
いろいろな規制があるようです。

これを、全部なくせばよいですが。
それが出来なければ、無理でしょうね。

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »