« タカタのエアバッグ | トップページ | 軽自動車 »

ホッケ

大衆魚ホッケの値上がりが止まらないそうです。

主漁場である北海道沖での若い魚の
取りすぎや海水温の変化で水揚げが
激減しているそうです。

輸入物も漁獲規制で流通量が
減っているそうです。

シマホッケの仕入れ値は3年前と比べ、
1・5倍になっているそうです。
大型が手に入らず、小ぶりのマホッケでさえ
990円で、アジやサンマの590円より高いそうです。

高値の原因は、マホッケの水揚げの
激減にあるそうです。

水産庁によると、マホッケの漁獲量は、
1998年の約24万1千トンから2013年には
約5万3千トンと15年で78%減ったそうです。
過去最低水準だそうです。

国産では干物にできる大きさのものが減り、
代わりに輸入物のシマホッケが干物の
主力だそうです。

どんどん資源が減っています。
多く取れるものを食べたり漁獲制限が
必要ですね。

|

« タカタのエアバッグ | トップページ | 軽自動車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事