« 介護報酬の引き下げ | トップページ | 奨学金で自己破産 »

景況感

景況感がよくなっているようです。

内閣府による1月の景気ウオッチャー調査です。

街角の景気実感を示す現状判断指数が
前月比0・4ポイント上昇の45・6だったそうです。
2カ月連続上昇だそうです。

雇用環境の改善が牽(けん)引(いん)したが、
横ばいを示す50は6カ月連続で下回ったそうです。

円安に伴うコスト増を価格転嫁できず
採算が悪化している企業や、食料品値上げの
打撃を受ける家計の負担は重いままだそうです。

基調判断は「このところ回復に弱さがみられる」に
据え置いたそうです。

原油価格の下落はよいことです。
でも、消費者には、まだまだのようです。

就職状況はよくなっていますが。
これからですね。

|

« 介護報酬の引き下げ | トップページ | 奨学金で自己破産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事