« 景況感 | トップページ | 中国のスマホ市場 »

奨学金で自己破産

高校、大学時代に借りた奨学金を

返還できないとして、北九州市小倉北区の
フリーターの男性(40)が福岡地裁小倉支部で
自己破産の手続き開始決定を受けたそうです。
男性には延滞金を含めて約283万円の
返還義務があるそうです。
識者は、非正規雇用などで若者の
貧困が拡大すれば、今回のように奨学金返還
のみでの自己破産申請が増える可能性を
指摘しているそうです。
男性は現在、二つのアルバイトをしており、
収入は手取りで月約14万円だそうです。
光熱費や家賃、家族への仕送りなどを
差し引くと、生活費は2万円ほどだそうです。
貯金はなく、返還のめども立たないことから、
自己破産の申請に踏み切ったそうです。
自己破産のデメリットもありますからね。
安易にしない方がよいような気がしますが。
確かに、負債はなくなりますが。
誰かに相談したのでしょうかね。

|

« 景況感 | トップページ | 中国のスマホ市場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事