« 新プリウス | トップページ | ガソリン価格 »

中国での日本車

中国の記事です。

中国の自動車市場において、日本車は
歴史問題などを理由に消費者の信頼を
失いつつあり、販売台数も低迷しているそうです。

一方、ホンダ・フィットやトヨタ・カローラは
「購入する価値のある自動車だ」と論じたそうです。

記事は、中国で行われた調査結果として、
「半数以上の消費者が日本車の購入を
検討していないと回答したそうです。
その理由は“日本製品のボイコット”であった」と
紹介する一方、それでも「購入する価値」の
ある日本車としてホンダ・フィットやトヨタ・
カローラ、ホンダ・アコード、マツダ・アテンザを
紹介しているそうです。

面白いですね。
今まで、日本の車を目の敵にしていたのに、
今は、擁護しています。

中国での日本車の売り上げは、合弁した
中国企業の売りあげ、利益にもなっています。

フォルックスワーゲンやGMは中国で
稼いでいます。
日本は、それ以外で稼いでいます。

中国の景気が減速してきたので、日本にも
頑張ってほしいのでしょうかね。

|

« 新プリウス | トップページ | ガソリン価格 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事