« サムスンの旗艦店 | トップページ | 本屋がない自治体 »

環境の都市

2020年東京五輪に向け、日本の技術の粋が

首都に投入されるそうです。
臨海エリアに、マリンスポーツを
中心とした競技場が新設され、
外国人観光客を迎えるための
交通網も整備されるそうです。
深さ40メートル以上の大深度地下を
使ったトンネルや、二酸化炭素(CO2)を
排出しない燃料電池バスも採用するそうです。
「環境型の都市」に進化を遂げる計画だそうです。
江東区を中心とした臨海地区には、
水泳用の「アクアティクスセンター」(2万人収容)、
バレーボール用の「有明アリーナ」(1万5千人収容)
など7施設が新たに整備されるそうです。
オリンピックのような大きな大会が
あると、いろいろな技術が急速に
進歩します。
いいですね。
景気も絶対に上がります。

|

« サムスンの旗艦店 | トップページ | 本屋がない自治体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事