« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

中国経済

中国経済が減速しているそうです。

2014年における中国のGDP成長率が
7.4%だったそうです。
24年ぶりの低水準だったそうです。

電力消費は経済活動を推し量るうえでの
重要な指標だそうです。
こちらのほうが実態を反映しているそうです。

14年上半期の電力消費は前年同期比
5.3%増、GDP成長率は7.5%増だったそうです。

さらに14年下半期の電力消費は同2.5%増、
GDP成長率は7.3%だったそうです。

電力消費の落ち込みに比べてGDP成長率の
落ち込み幅が小さすぎるそうです。

人件費が上がっています。
製造業が、他の国へ移転しています。

成長率も落ちますね。

|

丸紅の業績

総合商社大手の丸紅です。

資源価格下落の影響が
いよいよ総合商社の決算に
及び始めたそうです。

総合商社大手の丸紅は1月26日、2015年
3月期に1200億円の減損を計上すると
発表したそうです。

これにより、今期の純利益は従来予想の
2200億円から1100億円へと半減するそうです。

減損の内訳は、北海やメキシコ湾、
シェールオイル関連の油ガス事業で
950億円だそうです。

チリの銅鉱山で100億円、豪州石炭事業で
50億円と資源関係が中心だそうです。

原油が安く買えるのはよいことだと
思いますが、そうではないのですね。

採算割れになっているそうです。

|

キリンの缶チューハイ

キリンビールです。

28日、アルコール度数が
1%の缶チューハイ「バタフライ」を
3月10日に発売すると発表したそうです。

容量も250ミリリットルと、通常の
缶チューハイよりも小型化し、飲み切り
やすいサイズにしたそうです。

今回の商品は、20代の男女を
メーンのターゲットとしているそうです。

酒を飲むことは好きだが、翌日の仕事が
気になるといったことや、酔うと趣味が
楽しめなくなるといった声があるそうです。
手軽に飲める缶チューハイを開発したそうです。

味は、リンゴのお酒である「シードル」を
使用した「気楽にいこう!アップル」など味は
3種類だそうです。
店頭での想定価格は135円だそうです。

いろいろな商品を開発しますね。
お酒をたくさん飲めない人にも
よいかも知れません。
女性に人気が出るかも知れませんね。

|

中国市場のサムソン

中国市場のサムソンが苦戦しているそうです。

中国電子信息産業発展研究院が
データを発表したそうです。

2014年10月時点におけるサムスンの
中国スマホ市場におけるシェアは
13.7%にとどまったそうです。

サムスンは、中国スマホ市場で
今なおシェア1位だそうです。

でも、シェア2位の聯想(レノボ)との差は
わずか3%にまで縮まったそうです。

さらに米アップルや中国の華為技術
(ファーウェイ)などが追いついてきているそうです。

中国のローエンドスマホ市場では、
中国メーカーが品質とデザインを
向上させ続けているそうです。

安いですからね。
サムスンは、どうするのでしょうか。
これからが大変ですね。

|

KDDIの格安スマホ

KDDIが昨年12月、携帯大手として
初めて格安スマートフォン「UQモバイル」の
販売を始めました。

“格安スマホ元年”となった平成26年は
流通大手イオンやインターネットプロバイダの
ニフティ、ネット通販の楽天など幅広い業種から
約20社が新規参入したそうです。

大手の約3分の1という手頃な利用料で
ユーザーを増やしつつあるそうです。

通信市場の活性化を目指す総務省は、
格安スマホの契約シェアを全体の20%に
引き上げるそうです。
SIMロックの解除を27年度から
義務付けるそうです。

消費者にとっては、選択肢が多くなって
安くなるのはよいことですね。

|

ケンタッキーがハンバーグ

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、

社名にもある「チキン(鶏肉)」を
販売しています。
それなのに、鶏肉ではなく牛肉と
豚肉を使った、まさかの新商品を
発売するそうです。
同社が2月5日に投入するのは、
「ビストロ風ハンバーグサンド」だそうです。
ハンバーグを使用したサンドの販売は、
ケンタッキーとして初めてだそうです。
売り上げが落ちてきています。
新しい商品で活路を見出したいそうです。
コンビニで、安くておいしいから上げが
買えます。
売り上げも落ちますね。
そして、ケンタッキーは高いですね。
そこまでして、チキンを食べなくなって
います。
時代の流れですね。
でも、ケンタッキーでハンバーグは
どうでしょうか。

|

ECBの量的緩和

欧州単一通貨ユーロを使う19カ国の金融政策を

決める欧州中央銀行(ECB)です。
22日、定例理事会を開き、ユーロ加盟国の
国債などを購入し、お金を大量に金融市場に
供給する「量的緩和政策」の導入を
決めたそうです。
ユーロ圏は物価が下落し続けるデフレの
懸念が強まっており、量的緩和は
これを払拭する狙いだそうです。
量的緩和の導入は1998年の欧州中銀創設
以来初めてだそうです。
日銀や米連邦準備制度理事会(FRB)に
続いて異例の金融政策に踏み込むそうです。
でも、これは、好感しました。
世界中で、株価が上がっています。
ヨーロッパの景気がよくなるでしょうか。
注目ですね。

|

ガソリン価格

経済産業省資源エネルギー庁が21日、

19日時点のレギュラーガソリン
1リットル当たりの全国平均小売価格を
発表しました。
前週(13日)と比べ3円安い139円60銭
だったそうです。
平成2年の調査開始以来、過去最長の
26週連続の値下がりだそうです。
約2年5カ月ぶりに140円を下回り、
全47都道府県で150円を下回ったそうです。
下がっていますね。
でも、原油の下落に比べると、不十分ですね。
もっと下がってもよいと思います。
消費者にとってはよいことです。

|

中国での日本車

中国の記事です。

中国の自動車市場において、日本車は
歴史問題などを理由に消費者の信頼を
失いつつあり、販売台数も低迷しているそうです。

一方、ホンダ・フィットやトヨタ・カローラは
「購入する価値のある自動車だ」と論じたそうです。

記事は、中国で行われた調査結果として、
「半数以上の消費者が日本車の購入を
検討していないと回答したそうです。
その理由は“日本製品のボイコット”であった」と
紹介する一方、それでも「購入する価値」の
ある日本車としてホンダ・フィットやトヨタ・
カローラ、ホンダ・アコード、マツダ・アテンザを
紹介しているそうです。

面白いですね。
今まで、日本の車を目の敵にしていたのに、
今は、擁護しています。

中国での日本車の売り上げは、合弁した
中国企業の売りあげ、利益にもなっています。

フォルックスワーゲンやGMは中国で
稼いでいます。
日本は、それ以外で稼いでいます。

中国の景気が減速してきたので、日本にも
頑張ってほしいのでしょうかね。

|

新プリウス

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)の

新型「プリウス」を2015年秋にも
発売するそうです。

ハイブリッドシステムの改良などで
燃費はガソリン1リットルあたり40キロ・
メートルになるそうです。
現時点のガソリン車やHVと比べて
世界最高になるそうです。
新型プリウスは、モーターなどのハイブリッド
システムの性能を高めるとともに、
排気量1・8リットルのエンジンの燃焼効率を
向上させるそうです。
樹脂素材を多く使うほか電池の小型軽量化も
図るそうです。
車体重量は現行の約1600キロから
100キロ程度軽くなるそうです。
すごいですね。
ハイブリッドも進化しています。
どんどん燃費も向上します。
驚きますね。

|

中国への直接投資

中国商務部は15日、2014年1-12月に

おける日本の中国に対する
直接投資額を発表したそうです。
265億7000万元(約5000億円)に
とどまり、前年比38.8%減だったそうです。
でも、日本の対中投資額は国・地域別で
香港、シンガポール、台湾に続いて4番目の
多さだそうです。
米国の対中投資額は163億6000万元
(約3070億円)で、前年比20.6%減だったそうです。
EU28カ国による対中投資額は420億7000万元
(約7900億円)で同5.3%減、ASEAN諸国は
399億8000万元(約7500億円)で同23.8%減
だったそうです。
一方、韓国の対中投資額は243億5000万元
(約4500億円)で前年比29.8%増、
英国は83億3000万元(約1560億円)で
同28%増だったそうです。
韓国とイギリスだけ増えているのですね。
他の国は減っています。
面白いですね。

|

原油安

原油価格の下落が止まりませんね。

ニューヨークの原油先物市場では、
5日に心理的節目である1バレル=50ドルを
下回り、その後も下落が続いています。

価格下落のきっかけになったのは、
中国や欧州の景気低迷によって、
世界的な石油の需要が緩むとの
思惑が出てきたことでだそうです。

しかし、背景にはもっと根本的な原因が
あるそうです。
それは、米国でシェールガス開発が進み、
世界最大の石油消費国である米国が、
エネルギーを自給できる見通しになった
ことだそうです。

この価格下落がどこまで続くかと
いうことなのですが、市場関係者の多くは、
基本的な原油の余剰は解消されないため、
長期にわたって安値が続くと予想しているそうです。

日本にとっては、貿易赤字が少なくなって
よいと思いますが。

|

牛肉が値下げ

日本とオーストラリアの経済連携協定
(EPA)が15日、発効したそうです。

日本が豪州から輸入する牛肉に
課す関税が段階的に削減されるそうです。
豪州が日本車にかける関税も撤廃されるそうです。

流通大手のイオンはさっそく、同日から
全国のグループ約1200店舗で
豪州産牛肉やワインの値下げセールを
開始したそうです。

協定発効の恩恵が早くも消費者に
及んでいるそうです。
日本の自動車メーカーも豪州への輸出拡大を
狙っているそうです。

先日、EPAが締結されたと思ったら、
もう実施なのですね。
早いですね。
オーストアリアとしては、いいですね。
牛肉が売れます。

|

ホンダの燃料電池車

ホンダの、水素で走る燃料電池車(FCV)です。

2016年3月に発売するそうです。

まず日本で売り出し、16年末までに北米でも
発売するそうです。

米国法人のジョン・メンデル上級副社長が
13日、北米国際自動車ショーの発表会で

明らかにしたそうです。

FCVでは、トヨタ自動車が昨年12月に

発売した「MIRAI(ミライ)」に続く
2車種目です。

4人乗りのミライに対し、ホンダのFCVは、
システムを小型化して5人乗りにしたのが
特徴だそうです。

当初は今年中の発売を目指していたが、
やや遅れたそうです。

ホンダも燃料電池車ですか。

すごいですね。

トヨタは、燃料電池の特許を開放しました。
これで、他のメーカーが燃料電池車を
作るでしょうか。

注目ですね。

|

中国からの撤退

日本の大手家電メーカーの

パナソニックや空調総合メーカーの
ダイキンなどが一部製品の生産を
中国から日本に移管するそうです。
中国メディアの21世紀網の記事です。
人件費上昇を理由に中国から撤退する
日韓の企業が相次いでいると伝えたそうです。
コスト上昇を理由に撤退するということは、
本質的な競争力およびイノベーション能力が
欠けていることを意味するのではないかと
主張したそうです。

韓国で発表されたデータとして
「中国に開設された韓国企業の数は2006年は
2294社だったが、08年には1301社、
10年には901社と減少し、14年上半期には
368社にまで減少した」そうです。
日本も韓国も減少しているのですね。
市場の魅力はありますが、工場としての
魅力はなくなっています。
人件費の高騰があります。
円安もありますね。
中国は、これからどうするかですね。

|

損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)

昨年9月の損害保険ジャパンと
日本興亜損害保険に経営統合したそうです。

それから3カ月近くたって、ようやく
持ち株会社の正式な略称が決まったそうです。

損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)です。
「長すぎる社名」として話題になっているそうです。

年末調整の時期を迎えた昨年11月ごろ、
インターネット上に会話が飛び交ったそうです。

同社の子会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり
生命保険の加入者が、保険料の控除を申請する
際に上げた戸惑いの声だそうです。

社名を省略して記入したそうです。
SJNKでまわり生命だそうです。

よいのであれば、省略名にすればよいと
思います。

社名も決められないのに、経営統合なんて
できるのでしょうかね。

よくわかりませんが。
変な会社です。

|

やせるやり方

どれが一番やせるでしょうか。

糖質制限、脂質制限、そしてアルコール制限です。

最も効果が望めるダイエット法は糖質制限だそうです。

脂質制限は、肉類や調理油のような脂質を
優先的に減らす方法です。
カロリー計算や栄養バランスの調整が面倒なうえ、
空腹感が強く、長続きしにくいというマイナス面が
あるそうです。

アルコール制限ですが、そもそもアルコールは、
体に蓄えられることがないそうです。

糖質制限食です。
これは食事中の糖質を減らすことで、食後の
血糖値を上げないことを目的とした
食事療法です。

糖質制限によって、カロリーを計算せずに
満腹になるまで食べても、結果としてカロリー制限に
なってダイエット効果が得られやすいそうです。

確かにそうかもしれませんね。

ダイエットも大変です。

|

電通が早期退職

電通  は8日、早期退職優遇制度を

実施すると発表したそうです。
社員の転身支援と経営基盤強化の
ためだそうです。
3月31日時点で満50歳以上、勤続10年以上の
社員を対象に300人を募集するそうです。
電通が早期退職を実施するのは2000年以降
今回が7回目となるそうです。
募集規模は過去最大だそうです。
最近では13年3月に実施したそうです。

業績はよさそうですが、早期退職するのですね。

確かに、能力のない管理職は多いですね。
若い人に、ポストを準備するには
よいのかも知れません。

|

ガソリン価格

世界的に原油価格が下落しています。

ガソリンなど石油製品の国内店頭価格にも
反映されてきています。

経済産業省資源エネルギー庁が7日、
5日時点のレギュラーガソリン1リットル
当たりの全国平均小売価格を発表しました。

前回(昨年12月22日)より3円90銭安い
145円20銭だったそうです。
24年8月以来、約2年4カ月ぶりの
低水準だそうです。

値下がりは24週連続だそうです。

47都道府県すべてで4週連続の
値下がりだそうです。

足下の原油価格の下落が続いているため、
調査を行う石油情報センターは「来週以降も
値下がりが続く」とみているそうです。

消費者にとっては、いいことですね。
灯油や燃料をつかう企業や家庭に
とってもいいことです。

日本にとっても、いいですね。

|

中国離れ

中国の記事だそうです。

円安の加速を受け、日本の製造業に
とって海外生産のメリットが薄れつつ
あるそうです。

家電メーカー大手のパナソニックが
洗濯機をはじめとする40種類の家電を
日本国内で生産することを検討しているそうです。

記事は、日本メディアの報道を引用し、

パナソニックが静岡県袋井市の工場で家電を
生産することを検討しているそうです。
その背景には円安のほか、中国などに
おける人件費の上昇があるそうです。

続けて、パナソニックが中国で生産している

タテ型洗濯機を袋井市の工場にすべて
移管する可能性があるそうです。

電子レンジの生産も中国から神戸市の
工場に移管するそうです。

また、家庭用エアコンやドラム式洗濯機の
生産についても中国から滋賀県草津市の
工場に移管することをすでに決定しているそうです。

中国に記事は、日本より早いかもしれません。
円安もありますが、中国の人件費の高騰の
方が大きくなったのでしょうね。

パナソニックが動いているということは、
他の企業も動いていますね。
時代の流れです。

|

本屋がない自治体

本屋がない自治体が多いようです。

書店情報を集計している出版社の
調査だそうです。

新刊本を扱う書店が地元にない
自治体数が、全国で4市を含む
332市町村に上っているそうです。

全体の5分の1に上るそうです。

東京への一極集中や人口の急減に
よって、将来的に生活基盤が
失われる恐れがある「消滅可能性都市」と
一致しているそうです。

一方、「地方の活字文化の拠点を
残そう」と書店を復活させる動きも
出ているそうです。

人口が減っていますからね。
書店も減少しています。

その分、図書館を利用すれば
よいと思いますが。

|

環境の都市

2020年東京五輪に向け、日本の技術の粋が

首都に投入されるそうです。
臨海エリアに、マリンスポーツを
中心とした競技場が新設され、
外国人観光客を迎えるための
交通網も整備されるそうです。
深さ40メートル以上の大深度地下を
使ったトンネルや、二酸化炭素(CO2)を
排出しない燃料電池バスも採用するそうです。
「環境型の都市」に進化を遂げる計画だそうです。
江東区を中心とした臨海地区には、
水泳用の「アクアティクスセンター」(2万人収容)、
バレーボール用の「有明アリーナ」(1万5千人収容)
など7施設が新たに整備されるそうです。
オリンピックのような大きな大会が
あると、いろいろな技術が急速に
進歩します。
いいですね。
景気も絶対に上がります。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »