« ベヤング問題 | トップページ | 渡辺喜美氏 »

マックの業績

日本マクドナルドホールディングスが、

再生へ向け、苦戦しています。
今年7月、仕入れ先だった中国の
食肉加工会社で期限切れ鶏肉使用が
発覚して以降、売上高は低迷したまま
だそうです。
フランチャイズ(FC)店舗の
経営悪化懸念もあるそうです。
オーナーや利用客の声を吸い上げて、
難局を打開しようと試みているそうです。
まだ目に見えた効果は上がって
いないそうです。
今回、運が悪かったのは、
中国の鶏肉問題で、消費者は、
マクドナルドの肉は、いろいろな国で
製造していることを知ったことです。
そして、マクドナルドの品質管理に
疑問を持っています。
マクドナルドは、安全、安心をおこなわないと
業績の回復は難しいでしょうね。

|

« ベヤング問題 | トップページ | 渡辺喜美氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事