« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

年金の支給

年金の支給が減るそうです。

公的年金の支給額の伸びを
物価上昇よりも低く抑える仕組み
、マクロ経済スライドが、来年度に
初めて実施されるそうです。

2014年の通年での物価上昇が
決定的となったためだそうです。

これにより年金の支給水準は
来年度、物価に比べて実質的に

目減りするそうです。

マクロ経済スライドは、少子高齢化で

厳しくなる年金財政を維持するため
04年に導入されたそうです。

来年度の抑制額は1・1%ほどが
見込まれているそうです。

国民年金を満額(月6万4400円)
もらっている人で言うと、物価上昇に
対応した本来の増額分から、月に700円ほど
目減りするそうです。

若い人が減っていますからね。
仕方ありません。
消費税も上げずに年金のお金は
ありませんね。

|

リニア新幹線

リニア新幹線が着工するそうです。

リニア中央新幹線は、2027年に
東京(品川)-名古屋間の開業を
目指しているそうです。

12月17日に品川駅と名古屋駅で
工事安全祈願式を行うそうです。

本格工事に向けた準備工事を両駅で
始めるのに伴うものだそうです。

準備工事は、品川駅では資材の
仮置き場などを整備し、名古屋駅では
東海道新幹線の高架下にリニア中央新幹線の
駅をつくるための作業を行うそうです。

JR東海は現状、リニア中央新幹線を
品川-名古屋間で先行開業した後、
18年後の2045年に大阪まで全線開業
させる計画だそうです。
最高時速約500キロで走行するそうです。

いよいよスタートですね。
少しでも早く完成してほしいですね。

|

原油価格

原油価格はどうなるのでしょうか。

原油価格は、今年6月から約3割下落し、
1バレル当たり80ドル前後(ブレント)に
あります。

もっと下がるかもしれないそうです。
70ドル割れは一時的だそうですが、
70ドル台でずっと行く可能性もあるそうです。

世界の供給構造を変化させた
米国シェールオイルの採算ラインが
従来から低下しているそうです。

シェールオイルの限界生産コスト(採算ライン)は
80ドルとの見方もあるが、もっと低いそうです。

シェール革命で、完全に原油のバランスが
変わりました。

OPECも原産すれば、価格は上がりますが、
売り上げは落ちますからね。
アメリカからの輸出が増えます。

日本にとってはよいことですが。
今後に注目です。

|

3輪バイク

ヤマハ発動機がスポーツタイプの

3輪スクーター「トリシティ」をこの秋、
日本国内で発売したそうです。
欧州では3輪スクーターは、市民権を
得ているそうです。
「トリシティ」は原付2種クラスに属し(
搭載エンジンの排気量124cc)、クラッチ操作が
要らないことからAT小型限定普通自動
二輪免許以上を取得していれば
乗車可能だそうです。
「トリシティ」は前2輪/後1輪の
3輪スクーター(別名:スリーホイーラー)に
なるそうです。
欧州各国における主要都市の多くでは、
路面電車(トラム)が縦横無尽に走っています。
歴史ある街並みにはその昔からの
石畳道路が数多く残る。トラムは鉄道で
あることから、線路が道路に埋め込まれて
いるのだが、これが滑りやすく、
轍(わだち)もあるためタイヤも取られやすいそうです。
こうした背景から「ほぼ、転ばないバイク」として
欧州独特のスリーホイーラーカテゴリーが
誕生したそうです。
日本でも、人気がでるかも知れませんね。
高齢者も増えています。
近距離ではいいかもしれません。

|

訪日韓国人

訪日韓国人が増加しているようです。

東日本大震災で一時減少した

韓国からの旅行者数も回復してきたそうです。

日韓の政府間では、島根県・竹島を巡る

問題や歴史認識の問題が横たわっています。

半面、民間レベルでは円安メリットを
利用して日本での観光や買い物を
楽しむ韓国人が増えてきたそうです。

訪日外国人の増加の背景には円安が
大きいそうです。

韓国人の場合、中国訪問の際はビザ取得が
義務付けられているそうです。
日本は短期間の滞在であればノービザと
いうのも、行先として選ばれやすいそうです。

中国も韓国も反日なのに、日本に来るのですね。
不思議です。

本音と建前でしょうかね。

|

NTT東のキャンペーン

NTT東日本は21日、光サービス「フレッツ光」の
新規契約者対象の割引キャンペーンを
拡充するそうです。

12月1日から現行の戸建て用のほか
集合住宅向けにも月額利用料を
割り引くそうです。

NTT東西地域会社は、年内にも
企業向けに光回線の卸売りを実施するそうです。
直販は法人向け主体に転換するそづえす。

新たな割引キャンペーンは、戸建てと
集合住宅を対象だそうです。
毎秒最大1ギガビットサービスの新規契約者を
対象に月額利用料を30カ月割り引くそうです。

戸建て(300円、集合住宅200円)
「ギガ押し!キャンペーン」と、通信量によって
料金が2段階に変わるフレッツ光ライトの
月額利用料を24カ月毎月500円割り引く
「フレッツ光ライト もっとライトに!割引」の
2種だそうです。

最近は、無線が普及していますから、
光回線が増えていませんからね。

競争が激しくなっています。
NTTも必死です。

|

新幹線の早期開業

新幹線の早期開業の影響を試算したそうです。

政府・与党のワーキンググループ(WG)の
会合が19日に開かれたそうです。

国土交通省は、与党の要望に沿う形で
北海道新幹線を5年、北陸新幹線を3年、
九州新幹線を1年前倒しした場合の試算だそうです。

前倒ししない場合と比べて国内総生産(GDP)を
総額約4000億円押し上げるそうです。

前倒しにより地域間の交流人口が
増えると指摘。

新幹線を運行するJR各社の収益は、
前倒ししない場合と比べて、1年当たりでは
約6億円増の約163億円になり、線路などの
施設の貸し付け期間にあたる30年間では
177億円増の4881億円になるそうです。

便利になりますからね。
メリットが大きいかも知れませんね。

|

銀行の振込み決済

銀行の振込み決済が24時間できるように
なるそうです。

全国銀行協会は、お金の振り込みを24時間・

365日できるようにする新たな決済システムを
導入するそうです。
2018年中の稼働を目指すそうです。
仮想通貨のビットコインなど銀行を通さない
決済サービスが広がるなか、銀行は
利用者の利便性の向上を求められて
いたそうです。

振り込みができる全国的な決済ネットワークの
導入は、1973年にスタートした全国銀行データ
通信システム(全銀システム)以来だそうです。
銀行でただちに振り込みができるのは
平日午前9時から午後3時が原則です。
窓口も平日午前9時から午後3時です。
遅れていますね。
他の決済システムは、24時間できます。
不便です。
遅れています。
やっと、決済システムだけ変わるのですね。

|

中国への投資

日本から中国への投資が減っているそうです。

中国商務省は18日、日本から中国への
1~10月の直接投資実行額を
発表しました。
前年同期比42・9%減の36億9千万ドル
(約4300億円)だったそうです。
欧米からの投資も減少したそうです。
米国から中国への投資は23・8%減、
欧州からも16・2%減、東南アジア諸国連合
(ASEAN)からも15・2%減と、軒並み
落ち込んだそうです。
世界全体から中国への投資も、1・2%減
だったそうです。
人件費の高騰などを背景に、企業が
中国への投資に慎重になっているそうです。
日本の場合、日中関係が悪化したことも
投資減につながっているそうです。
やっぱり、人件費の影響が大きいですね。
そして、大気汚染もありますね。
製造業が減少すると、雇用にも
影響しますからね。

|

ポケモンパン

ポケモンパンがあるそうです。

製パン各社が、子供層の需要の
取り込みでしのぎを削る「キャラクターパン
(キャラパン)」市場です。

テレビアニメや映画の人気者を使った
数あるキャラパンの中 一番人気があるそうです。

今年、発売17年目に入り、累計販売が
約12億8000万個(9月末現在)という
ロングランヒットを誇っているのが、
第一屋製パンの「ポケットモンスター(ポケモン)パン」
だそうです。

24年夏にポケモンの版権元の企画に
参画したそうです。

商品に付随したキャラクターシールを
集めると、ポケモンのゲームソフトで
使える特典キャラがもらえる
「ポケモン集めてもらおうキャンペーン」を、
ポケモンキャラクターを使用している
異業種とともに実施すると、さまざまな
キャンペーン商品の中でパンの売れ行きが
特に好調だったそうです。

一時的なものはありますが、長く
続くのは難しいですね。

いろいろな工夫があるのですね。

|

サムスン

中国の記事だそうです。

韓国のサムスンがベトナムのタイグエン省に
ある携帯電話生産工場の拡充を
発表しました。

これについて、
「サムスンの低コスト戦略は完全に誤りだ」と
する評論記事を掲載したそうです。

ベトナム工場拡充の目的が、スマートフォン製造に
おける中国企業との競争での優位性を
強めることにあるそうです。

「この戦略の選択は、完全に誤ったもの
だとみている」そうです。

中国もあせっているのでしょうか。

中国メーカーの小米(シャオミ)がスマートフォンで
伸びています。

サムスンが、このままじっとはしていませんね。
価格の安い製品も作ってくるでしょうね。

韓国と中国の戦いになります。
どうなるでしょうかね。

注目です。

|

ガソリン価格

ガソリン価格が下がっているそうです。

資源エネルギー庁が11月12日に、
石油製品の店頭小売価格週次調査を
発表しました。

11月10日時点でのレギュラーガソリンの
全国平均価格は前週から0.6円下落し、
1リットル当たり159.5円になったそうです。

レギュラーガソリンの価格が160円を
下回るのは、3月24日の調査以来、
約7か月半ぶりだそうです。

実際はl、149円くらいだそうです。

原油価格が下がっていますからね。

でも、原油価格の下がり方に
比べると、ガソリン価格は、
そんなに落ちていますが。

でも、下がるのは消費者にとっては
よいことです。

|

韓国の将来

韓国経済界にまたも衝撃が走っているそうです。

韓国の国策シンクタンクである
産業研究院(KIET)が発表したそうです。

「4年後の2018年にスマートフォン、
液晶パネルなど韓国の主力輸出品目の
大半が中国に追いつかれる」そうです。

13年の韓国製造業の売上高増加率が
過去最低の0.5%にとどまったそうです。
14年は初のマイナスに転じるそうです。

韓国から見ると、中国が迫ってきているそうです。
かつて日本から半導体や液晶パネルなどの
首位の座を奪った韓国。追いかけられる立場に
なったそうです。

半導体でも、スマートフォンでも材料や
装置があれば誰でも作れます。

中国がどんどん追い上げています。

日本は、原材料や装置を持っていますから
大丈夫です。

韓国の対策が見たいですね。

|

中韓FTA

中韓FTA締結されました。

中国と韓国の自由貿易協定(FTA)の
実質的な妥結は、「関税撤廃される品目に
自動車が含まれない。その他も時間を
かけて撤廃されるため、当面は日本経済に
大きな影響はない」(経済産業省幹部)
だそうです。

冷静な受け止めが多いそうです。

産業界では、日中韓の3カ国FTAや
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉などを
速やかに進めるよう求める声が強まっているそうです。

日本企業は、中国に現地工場があるので
あまり影響がないようです。

サムスンも中国企業がどんどん大きくなって
いますので、メリットがあるのでしょうかね。

よくわかりませんが。

|

サムスンのスマートフォン

サムスンが中国のスマートフォン市場での

マーケティング戦略を調整するかも
知れないそうです。
スマートフォンの価格値下げを
検討していると報じられているそうです。
中国メディアの21世紀網はこのほど、
手机中国連盟の老杳秘書長の発言として
「中国のスマートフォンメーカーがもっとも
恐れているのは、サムスンが価格競争に
持ち込もうとすること」と伝えたそうです。
サムスンの2014年第3四半期における
世界のスマートフォン出荷台数がアップルの
約2倍だそうです。
小米(シャオミ)科技の4.5倍にあたるそうです。
7810万台に達したそうです。
サムスンは今なお世界最大のスマートフォン
メーカーだと伝える一方で、中国市場に
おけるシェア減少にともなって減益が
続いているそうです。
過去は、価格競争で日本は負けました。
中国では、どうするでしょうか。
価格競争になると大変ですね。
今後に注目です。

|

日銀の影響

日本銀行の黒田東彦総裁が一段の

金融緩和に踏み込みました。
アジア通貨市場で勝ち組と負け組が
できるそうです。
韓国のウォンと台湾ドルが値下がり
するそうです。
日銀の追加緩和が円安を招いており、
その影響を打ち消すため韓国や台湾の
当局が介入するだろうと分析しているそうです。
一方で、高利回りを求める資金が日本から
流れ込みインドネシア・ルピアとインド・ルピーは
上昇すると予想するそうです。
円安が、韓国と台湾の競争力を脅かして
いるそうです。
確かにそうかも知れません。
結局、価格が安いから購入して
いたのが大きいと思います。
介入するでしょうかね。

|

サイバーエージェントとエイベックス

サイバーエージェントとエイベックス・デジタルが
提携するそうです。

6日、スマートフォン向けに音楽の定額配信サービスを
手掛ける新会社を共同出資で11月下旬に
設立するそうです。

サイバーエージェントがアプリの開発や
運用を担当し、エイベックス側が楽曲を
提供するそうです。
料金や楽曲数などサービスの詳細は
検討中だそうです。

サイバーエージェントはエイベックス・グループ・
ホールディングスと資本業務提携を結び、
株式を取得するそうです。
出資比率などは明らかにしていないそうです。

なぜ、今音楽の配信なのでしょうか。
音楽の配信は、すでにありますね。

何か特徴があるのでしょうか。
少し気になりますね。

でも、消費者としては、1つにしてほしいですね。

|

日中首脳会談

日中首脳会談がおこなわれるようです。

安倍晋 三首相は、北京で10、11日に
開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の
出席するそうです。

中国の習近平国家主席は、訪中する
安倍晋三首相と対話する意向を固めたそうです。

日本側は会談を求めており、形式などについて
日中両政府間で最終調整をしているそうです。

首脳会談が実現すれば、2年前の
尖閣国有化以降、両国首脳で初めてとなります。

中国側にも、悪化する両国関係への
懸念は強く、APECの場で全く接触を
しないことは外交上、得策ではないと
判断したそうです。

中国としては、党指導部の会議などで、今後、
対話の形式について最終決定するものと
みられるそうです。

おこなうことはよいことです。
でも、日本の主張は変えないことです。

|

携帯電話3社の業績

携帯電話大手3社の2014年9月

中間連結決算が4日、出たそうです。
ソフトバンクは、関連会社の中国電子商取引
最大手アリババ集団の米国上場が
寄与し、最終利益を前年同期比36.7%増の
5607億円と大きく伸ばしたそうです。
KDDIの中間期の営業利益は10.7%増の
3847億円と過去最高だったそうです。
携帯電話と光回線の「セット割引」を
武器に100万件以上の契約純増ペースに
なったそうです。
NTTドコモは、新料金プランの影響から
減収減益になったそうです。
6月に導入した定額通話プランで料
金収入が大きく落ち込んだそうです。
3位になったそうです。
競争がどんどん激しくなっています。
でもまだ料金が高いですね。

|

韓国経済

韓国経済の牽引役である三星(サムスン)電子と

現代(ヒュンダイ)自動車です。
両者の業績が悪化しているそうです。
特にサムスンは2014年7-9月期の
営業利益が前年同期比60.05%減に
なったそうです。
サムスンの7-9月期の売上高が
前期比9.27%減の47兆4000億
ウォン(約4兆9000億円)となり、前年同期に
比べて19.69%減になったそうです。
さらに営業利益は4兆6000億ウォン
(約4760億円)にとどまり、前期比43.5%減だそうです。
スマートフォン事業の減速が業績低迷の
直接的な原因だそうです。
ヒュンダイの7-9月期における営業利益は
前年同期比18.0%減の1兆6487億ウォン
(約1700億円)だったそうです。
サムスンとヒュンダイの業績悪化は
韓国の経済全体に影響を及ぼすそうです。
税金を払えませんね。
他に企業がありませんからね。
財閥企業ばっかり優遇するので、他の企業が
育っていませんからね。

|

訪日中国人

訪日中国人が増えているそうです。

沖縄県・尖閣諸島を巡り中国で反日デモが起きた
2012年秋から2年すぎました。

中国の訪日旅行客数が今年、V字
回復しているそうです。

1~9月は179万人で前年同期比8割増に
なったそうです。
年間での200万人突破が見えてきたそうです。

領土や歴史問題、最近では中国漁船による
サンゴ密漁など、日中間の摩擦が続いています。

でも、訪日観光客は増えているそうです。

理由は、日中外交筋は「政治の問題と
民間交流は分けて考えるという姿勢が
鮮明になっている」と指摘しているそうです。

中国も変わっているのでしょうか。
そういう意味ではいいことです。

|

円が112円に

週末31日のニューヨーク株式市場です。

円が112円になりました。

株価も上がっています。
日銀の追加金融緩和を好感して寄り付きから
大幅高となり、優良株で構成するダウ工業株30種平均は
一時、前日終値比200.12ドル高の1万7395.54ドルに
なったそうです。

約1カ月半ぶりに取引時間中の最高値を更新した。

米欧の外国為替市場では円相場が下落し、
2008年1月以来、約6年10カ月ぶりに
1ドル=112円台を付けました。

評論家の人は、経済政策を批判する人も

いますから、少なくともサプライズでした。

市場は好感して、世界の株価が
あがりました。

何でもそうですが、やってみることです。
やってみて、駄目だったら変更すれば
よいのです。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »