« 電力とガスが値下げ | トップページ | アマゾンの業績 »

自動ブレーキの性能

国土交通省と自動車事故対策機構は23日、

衝突被害軽減ブレーキなど
自動車の予防安全性能について初めて
評価したそうです。
自動ブレーキーの性能ですね。
性能試験は
(1)時速10~60キロで走行する試験車両が
衝突被害軽減ブレーキで前方の模擬車両との
衝突を回避できるか。衝突した場合はどの
程度を速度を落とせたか
(2)対象車両を時速60キロまたは70キロで走行させ、
道路の白線からはみ出したときに警報を鳴らせるか
という2種類で実施。レベルに応じ40点満点で
評価したそうです。
試験をした8メーカー・26車種のうち、
トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の
最上級セダン「LS」、日産自動車の
高級スポーツセダン「スカイライン」、
富士重工業のワゴン「レヴォーグ」-の
3車種が40点満点で最高点を獲得したそうです。
8メーカーで26車種も評価したのですね。
それだけ、自動ブレーキが普及してきたと
いうことですね。

|

« 電力とガスが値下げ | トップページ | アマゾンの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事