« 円安 | トップページ | iPhone6 »

3次元メモリー

3次元メモリーの競争が激しくなっているそうです。

東芝と韓国・サムスン電子による
半導体メモリー事業での首位争いが
激化しているそうです。

東芝は9日、スマートフォン(高機能携帯電話)
などのデータ保存に使う記憶用半導体
「NAND型フラッシュメモリー」を
生産する四日市工場で第5製造棟の
2期分が完成したそうです。
生産を開始したそうです。

また同日、来夏に完成予定の新たな
第2製造棟の工事にも着手するそうです。

3次元メモリーと呼ばれる最先端技術を使った
メモリーの量産にも乗り出し、サムスン電子を
引き離すそうです。

米IHSグローバルの直近の調査では、
NAND型フラッシュメモリーの
市場シェア(売上高ベース)で、東芝と
四日市工場を共同運営する米サンディスク連合が
サムスンを逆転したそうです。

唯一、東芝だけが、半導体で頑張っていますからね。
勝ってほしいですね。
スマートフォンは、まだ伸びるでしょうから、
大丈夫だと思います。

|

« 円安 | トップページ | iPhone6 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事