« 川内原発 | トップページ | 山水電気が破産 »

最低賃金

厚生労働省の調べだそうです。

最低賃金で働く人の手取り収入が
生活保護の受給額を下回る「逆転現象」が
起こっているそうです。
5都道県で起こっているそうです。
2013年度の最低賃金引き上げで、逆転地域は
11都道府県から北海道のみに減ったそうです。
でも、最新のデータで集計すると東京、宮城、
兵庫、広島でも生活保護の水準を下回るそうです。
社会保険料の負担が増加し、労働者の
手取り収入が減ったことなどが要因のようです。
最低賃金が生活保護の受給額より少ないのは
問題ですね。
生活保護を下げればよいと思いますよ。
最低賃金を上げるのは難しいですが、
生活保護は、すぐに下げられます。
そして、パチンコなどに行く人などは、
もっと生活保護を下げればよいのです。

|

« 川内原発 | トップページ | 山水電気が破産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事