« 中国撤退の日本企業 | トップページ | 日本の中国投資 »

100万円のデジカメ

100万円のデジカメが人気のようです。

リコーイメージングの中判デジタル
一眼レフカメラ「ペンタックス 645Z」だそうです。

従来なかった画質や性能がプロカメラマンや
愛好家らに支持されているそうです。

価格は100万円もするそうです。
でも約2カ月の入荷待ちという人気だそうです。

中判カメラは35ミリフィルムのカメラより
一回り大きく、プロや写真館の撮影で
使われるそうです。

645Zはそのデジタル版で、約5140万画素の
超高精細画像が売りだそうです。

オートフォーカスなどの機能も向上させたそうです。

想定価格はボディーが約80万円、

レンズは約10万円で、税込みだと
約100万円するそうです。

予約注文は世界で約1500台(国内約700台)に
上っているそうです。

月産400台のため、6月27日の発売以降も
供給が追いつかないそうです。

商品も両極端になっていますね。
低価格か、高機能で高価格かです。

これは、完全に後者ですね。
世界で売れば需要はあります。

|

« 中国撤退の日本企業 | トップページ | 日本の中国投資 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事