« アルストムの買収 | トップページ | サントリーの社長 »

ディーゼル車

日本でもディーゼル車が増加するかも知れません。

ディーゼルエンジン搭載乗用車が
見直されているそうです。

2011年まで年間1万台にも満たなかった
販売台数は2013年に7万台を超えたそうです。

排気ガスの問題で環境負荷が大きいとされたが、
技術で克服したそうです。

燃費性能の高さや加速のよさといった
「走り」でも注目されているそうです。

マツダは2014年夏以降に発売する
コンパクトカー、「新型デミオ」に排気量
1.5リットルの新型ディーゼルエンジンを
搭載すると、6月10日に発表したそうです。

アイドリングストップ技術の「i‐stop」や
減速エネルギー回生システム「i‐ELOOP」、
高効率トランスミッション「SKYACTIV‐DRIVE」や
「SKYACTIV‐MT」を組み合わせ、大幅に
燃費を改善したそうです。

新型デミオの燃費は、燃料1リットルあたり

30キロメートル前後だそうです。

ディーゼルも進化しています。
すごいですね。

ヨーロッパでは、ディーゼルが人気が
あります。
日本でも、これからですね。

|

« アルストムの買収 | トップページ | サントリーの社長 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事