« ディーゼル車 | トップページ | 携帯の通話定額 »

サントリーの社長

サントリーホールディングス(HD)は、

1899年の創業以来、同族経営」を
貫いてきたそうです。
初めて創業家以外から社長を迎えるそうです。
コンビニエンスストア、ローソンで12年にわたり
経営トップを務めた新浪剛史氏(55)だそうです。
海外に展開する仕事をするそうです。
10年に破談となったキリンHDとの
統合計画も、世界で戦うためだったそうです。
その後も佐治氏のリーダーシップでSBFの
上場や米ビーム社(現ビームサントリー)の
買収を実現したそうです。
20年にグループ全体の売上高を現在の
約2倍の4兆円にする目標を掲げ、さらなる
海外展開をするそうです。
ずっと、創業家からでしたからどうでっしょうかね。
会長の力が強くなると難しいでしょうね。
どこまで、やれるかですね。

|

« ディーゼル車 | トップページ | 携帯の通話定額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事