« 失業率 | トップページ | 中国の不動産価格 »

マツダのディーゼル

マツダは10日、燃費性能に優れた1500cc

小排気量クリーンディーゼルエンジンを
開発したそうです。
今夏以降に投入する小型車「デミオ」の
新型モデルに搭載するそうです。
ディーゼル車は、欧州ではエコカーの代表格として
地位を確立しています。
日本では普及が遅れており、小型車に
搭載することで本格的な市場開拓を
図るそうです。
新型エンジンは、独自の環境技術「スカイアクティブ」を
活用しているそうです。
燃焼効率を改善しながら軽量化を
実現しているそうです。
現行の欧州向けデミオに搭載している
プジョー・シトロエン・グループ(PSA)の
1600ccエンジンに比べ、燃費性能を
15~20%改善したそうです。
2500ccのガソリンエンジンと同等の出力も
備えたそうです。
いいですね。
これから、日本でも、ディーゼルが普及すると
思います。

|

« 失業率 | トップページ | 中国の不動産価格 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事