« 朴大統領の支持率 | トップページ | 家電量販店 »

GMのリコール問題

米ゼネラル・モーターズ(GM)が24日、

2014年1~3月期決算を発表しました。
売上高が前年同期比1・4%増の
374億800万ドル(約3兆8300億円)だったそうです。
純利益は85・5%減の1億2500万ドル
(約130億円)だったそうです。
大規模リコール(回収・無償修理)の費用が
足を引っ張ったようです。
純利益は、経営破綻した直後の2009年
10~12月期の大幅赤字以来の低水準だったそうです。
700万台近いリコールの費用が
約13億ドル(約1330億円)かかったそうです。
GMの場合は、完全に不具合ですからね。
トヨタとは違います。
それでも、トヨタはかなりの費用がかかりました。
アメリカは、GMに対してどうするでしょうかね。
世界が注目しています。

|

« 朴大統領の支持率 | トップページ | 家電量販店 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事