« 高齢世帯 | トップページ | 日本郵政の上場 »

カプコンの業績

カプコンの平成26年度3月期の連結決算の業績です。

約50億円の特別損失を計上すると発表しました。
純利益の予想額も68億円から33億円と
大幅に下方修正したそうです。

特別損失の内容は新作ゲームの一部開発を
中止したために開発資金の回収が
出来なくなったそうです。

アミューズメント部門(ゲームセンター)がどんどん
縮小しています。
家庭用ゲーム機がシェアを拡大していることも
あります。
今度はその家庭用ゲーム機のシェアを
携帯ゲーム機やスマートフォン向け
ゲームアプリに奪われているそうです。

ゲームセンターのゲームは高いですからね。
スマートフォンだと、手軽に楽しめます。
インターネットで他の人と対戦もできます。

栄光盛衰ですね。

|

« 高齢世帯 | トップページ | 日本郵政の上場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事