« トヨタの新エンジン | トップページ | カプコンの業績 »

高齢世帯

65歳以上が世帯主である高齢世帯の割合です。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が
将来推計をまとめました。

10年の国勢調査を基に、35年までの
25年間について、5年ごとに世帯数の変化を
予測したそうです。

2035年に41道府県で4割を超えるそうです。

それくらいになるでしょうね。

総世帯数は20年の約5300万がピークのようです。
35年までに沖縄を除き減少になるそうです。

1世帯当たりの人数は全都道府県で減少し、
最少の東京は1.87人まで落ち込むそうです。

東京は、人口も多いですが、高齢者も多いのですね。

でも、団塊の世代が少なくなるまで続きますね。

|

« トヨタの新エンジン | トップページ | カプコンの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事