« 今年のGW | トップページ | 中国経済 »

小売業界の業績

小売業界の業績です。

セブン&アイとイオンの業績で明暗がわかれたようです。
イオンとセブン&アイ・ホールディングス(HD)が
相次いで2014年2月期の業績を発表したそうです。
イオンの連結決算は、本業のもうけを示す
営業利益が前期比10.1%減の1714億円だったそうです。
セブン&アイは同14.9%増の3396億円で
過去最高だったそうです。
イオンの営業収益(売上高)は同12.5%増の
6兆3951億円と、小売業として初めて
6兆円台に乗せたそうです。
昨年8月にダイエーを子会社化した効果が出たそうです。
でも規模拡大の割に利益は不振で、純利益は同38.8%減の
456億円にとどまったそうです。
対するセブン&アイはコンビニ首位のセブン-イレブンが
引き続き好調のようです。
営業利益は同16.1%増の2575億円と、
グループ全体の75%を稼ぎ出したそうです。
スーパーとコンビニの競争ですね。
ビジネスモデルの差もありそうです。
小売の競争が激しくなります。

|

« 今年のGW | トップページ | 中国経済 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事