« USJが新テーマパーク | トップページ | 牛丼業界 »

中国のPM2.5

中国のPM2.5についてです。

中国国防大教授で海軍少将の
張召忠氏が国営の中央テレビに出演して
発言したそうです。


微小粒子状物質「PM2・5」を含んだ
濃霧は、米軍のレーザー兵器を防ぐための
「最もよい防御法だ」と述べたそうです。


米軍の最先端兵器であるレーザー兵器に
ついて言及。司会者から対抗手段を問われると
「レーザー兵器が最も恐れるのは濃霧だ」として、
大気汚染指数が最悪レベル(危険)の
400や500になれば「レーザー兵器を
阻止する力が最大になる」と主張したそうです。

冗談でしょうか。
笑ってしまいます。
大気汚染が進んだら、PM2.5で死んでしまいますよ。
どこまでが本当でしょうか。


|

« USJが新テーマパーク | トップページ | 牛丼業界 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事