« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

大学生の読書

大学生が読書をしなくなったようです。

全国大学生活協同組合連合会(東京)の
生活実態調査です。

調査は大学生協連が昨年10~11月、
全国30の国公私立大学で実施したそうです。

大学生8930人の回答だそうです。

大学生の4割が全く本を読まないそうです。

1日の読書時間(電子書籍も含む)を尋ねたところ、
平均26・9分だそうです。
全く本を読まない「0分」と回答したのは
40・5%だったそうです。

2004年以降で読書時間は最も短く、
「読書ゼロ」は初めて4割を超えたそうです。

大学で、何をやっているのでしょうかね。
一番、本を読む時期です。

インターネットで、情報が得られるからでしょうか。

|

マクドナルドの戦略

マクドナルドの客数が減少しているそうです。

2月6日発表の2013年12月期の連結決算は、
既存店の客数は7.0%減だそうです。
客単価が上昇したにもかかわらず、
売上高は6.2%落ち込んだそうです。


他の外食チェーンやコンビニエンスストアとの
競合が厳しく、顧客流出に歯止めが
かかっていないそうです。

新社長は、キッズ&ファミリーは非常に重要な分野なので
さらに強化したいそうです。


コンビニのコーヒーが人気です。
お客が移っていますね。
それに勝つには、もっと何か必要なような
気がします。

|

TPP交渉

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉が

難航しているそうです。
日米の関税交渉が進まないことに加え、
知的財産権に関するルールなど、
交渉参加国間で妥協点を探れない
問題が山積しているそうです。
「米国に譲歩する姿勢が見えない」と、
難航分野で強硬姿勢を崩さない
米国への不満もくすぶっているそうです。
アメリカのオバマ大統領の支持率が
落ちていますからね。
成果を求めています。
だから、強行になっています。
妥協は難しいかも知れませんね。
日本は、あまり譲歩はしないほうが
よいと思いますが。

|

牛丼業界

牛丼業界の競争が激しいですね。

東京チカラめしが、「焼き牛丼」で、2011年に
牛丼業界に入ってきたそうです。
でも、業績が悪く、2013年後半の半年間に
39店を一気に閉店したそうです。

丼ものチェーンのなか卯は、2014年2月12日に
「煮る牛丼」の販売をやめたそうです。

牛丼だけでは、利益がでないようです。

吉野家など大手3社も、客単価の高い
「牛すき鍋」などに力を入れて始めているそうです。

やっぱり、価格競争にはいったら駄目ですね。

価格競争は、企業の体力を消耗させます。
やっぱり、品質や商品力で勝負しないと
駄目ですね。

企業は続きませんね。

|

中国のPM2.5

中国のPM2.5についてです。

中国国防大教授で海軍少将の
張召忠氏が国営の中央テレビに出演して
発言したそうです。


微小粒子状物質「PM2・5」を含んだ
濃霧は、米軍のレーザー兵器を防ぐための
「最もよい防御法だ」と述べたそうです。


米軍の最先端兵器であるレーザー兵器に
ついて言及。司会者から対抗手段を問われると
「レーザー兵器が最も恐れるのは濃霧だ」として、
大気汚染指数が最悪レベル(危険)の
400や500になれば「レーザー兵器を
阻止する力が最大になる」と主張したそうです。

冗談でしょうか。
笑ってしまいます。
大気汚染が進んだら、PM2.5で死んでしまいますよ。
どこまでが本当でしょうか。


|

USJが新テーマパーク

USJが新しいテーマパークを作るそうです。

米人気映画などを題材にしたテーマパーク、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)です。

ほぼ同じ規模のテーマパークを関西以外に
新設するそうです。

候補地として国内外の4~5カ所を選び、
現地の提携先と最終的な交渉をしているそうです。

今の敷地はこれ以上、大きなアトラクションを
建てる余地がなくなったそうです。
事業拡大をめざして新天地を開拓するそうです。

東京オリンピックも見据えているそうです。

国内は、東北か九州・沖縄の可能性が強いそうです。

海外も考えているようです。
台湾の台北、インドネシアのジャカルタ、
インドのムンバイなどが候補に上がっているようです。

いいですね。
行きたいと思います。
どこになるでしょうかね。

|

ローソンマート

ローソンにローソンマートというのができるそうです。

ローソンは2月17日、コンビニの利便性と
スーパーの品ぞろえを兼ね備えた
「ローソンマート」を展開するそうです。

2月20日に1号店「西横浜店」(神奈川県横浜市西区)を
オープンするそうです。
2014年度末までに100店舗規模まで
拡大させるそうです。

ローソンマートは2005年より展開している
「ローソンストア 100」の“進化型”の店舗だそうです。

ローソンファームでとれた青果類のほか、
野菜、精肉、水産加工品なども扱うそうです。
水産品は干物や加熱調理用の切り身、
加熱済みの貝類や冷凍魚介類なども販売するそうです。

コンビニもどんどん進化します。
すごいですね。
新しい、業態ができるのかも知れません。

|

トヨタの工場

自動車メーカー各社の一部工場が
操業を停止しているそうです。
トヨタの工場も雪の影響を受けたそうです。

トヨタ自動車が愛知県内4工場の操業を
停止しているそうです。

関東甲信越の大雪の影響で部品調達ができないようです。

トヨタが17日から操業を停止しているのは、
高岡工場(愛知県豊田市)、
堤工場(同)、
元町工場(同)、
田原工場(愛知県田原市)だそうです。

明日以降の生産再開については未定だそうです。

高岡では主力乗用車「カローラ」、
堤ではハイブリッド車「プリウス」を手掛けているそうです。

今、消費税前の駆け込み需要があるようですから
大変ですね。
雪の影響が、日本中で出ています。

|

マクドナルドの戦略

マクドナルドが苦しんでいます。

日本マクドナルドホールディングスが
2期連続の減収減益に苦しんでいます。

昨年の定番商品値上げ以来、客数が
マイナス圏で推移するなど客離れに
歯止めがかからないそうです。

2014年12月期は「ファミリー路線」に
かじを切って既存店売上高の3期ぶり
プラスを目指すそうです。

今の、アメリカの昔のハンバーガーとは
売っていますが、食べないと思います。

若い人は、懐かしさとかありませんからね。

コンビニで安いコーヒーが販売されて
います。
チキンもあります。
そして、おいしいです。

これに勝てる、新商品を開発しないと
無理でしょうね。

|

ソニーの業績

ソニーの業績がよくないですね。

14年3月期の連結最終損益(米国会計基準)は
1100億円の赤字に転落するそうです。

今度は、「VAIO(バイオ)」ブランドに
代表されるパソコン事業を、投資ファンドの
日本産業パートナーズに3月末までに
売却するそうです。


パソコン事業の従業員1100人のうちの
250~300人と経営陣は、新会社に転籍するそうです。
売却額は400~500億円だそうです。


1時代を築きました。
寂しい限りです。


ソニーの次の戦略が見えませんね。
新しい社長に期待したのですが、なかなか
うまく行きません。
正念場です。

|

移民の受入れの是非

13日午前の衆議院予算委員会です。

安倍晋三首相は日本の人口減少への対応として

将来的に移民を受け入れるか
どうかについて、発言したそうです。
「わが国の将来のかたちや国民生活全体に
関する問題として、国民的議論を経たうえで
多様な角度から検討していく必要がある」との
認識を示したそうです。
難しい問題です。
ドイツは、移民を受け入れています。
イスラム教徒がかなり入っています。
人種も宗教も違うので、かなり問題に
なっています。
排斥運動も起こっています。
カナダにも中国人が押しよせています。
移民についてはよく考える必要が
あります。

|

アップルの売上げ

アップル社の売り上げが低迷しているようです。


その中で、日本と中国が目覚ましい成長を
遂げているそうです。


アップル社は13年10~12月期の
業績を発表しました。

米国地域の売上高は前年同期比
1%減の201億ドル(約2兆500億円)だったそうです。
伸びていないようです。

中国と日本は売上げが上がって
いるようです。

大中華圏の売上高は88億4000万ドル
(約9040億円)だったそうです。
前年同期比29%増を記録したそうです。
地域別で世界一となったそうです。

NTTドコモの取り扱いが始まった
日本市場も好調だそうです。
売上高は前年同期比11%増の
49億5000万ドル(約5060億円)となったそうです。

でも、これからは、韓国、中国メーカーがどんどん
出てきています。
価格も下がっています。
スマートフォンの競争は激しくなるでしょうね。

|

三光マーケティングフーズ

三光マーケティングフーズの業績がよくないようです。

「東京チカラめし」や、「270円均一」の
メニューを打ち出した「金の蔵Jr.」や
「東方見聞録」「月の雫」などを展開する、
東証2部上場の外食チェーンです。
14年6月期第2四半期(13年7~12月期)決算です。
売上高は103億5300万円だったそうです。
前年同期に比べて20.8%も減ったそうです。
営業損益は16億2500万円の赤字(前年同期は2億円の黒字)
だったそうです。
純損益は30億9500万円の赤字(同2000万円の黒字)
だったそうです。

居酒屋チェーンの売上高が当初予想を
下回ったことや、新たな業態の開発や
既存店舗のリニューアルなどの先行投資に
かかった費用がかさんだそづえす。
円安で、食材価格が上がったのもあるようです。

かなり儲かっているかなと思っていましたが
いろいろ影響を受けるのですね。
厳しいですね。

|

舛添氏が当選

東京都知事選挙の結果です。

自民・公明両党が支援する舛添要一元
厚生労働相が他候補を引き離し、
当選を確実にしました。

無難な選択ですね。

東京都知事選は、脱原発を掲げた細川護熙元首相が
小泉純一郎元首相の支援を受けて出馬表明しました。

共産党と社民党が、宇都宮氏を推薦しました。

もし、1つになっていたらわからなかったかも
しれません。

両候補とも舛添さんの半分でしたからね。

まとまっていたら難しかったかも
知れません。

原発だけの争点は失敗だったですね。

景気、社会保障、防災、そして原発です。

田母神さんも半分くらいの票でした。
どこも応援していないのに、これだけの票を
とれるのは、すごいと思いますよ。

|

高速料金

高速料金が変化するようです。

国土交通省は、混雑の度合いに応じた
料金制度を2016年から導入するそうです。

都市部の高速道路の渋滞を減らすためだそうです。

慢性的に渋滞している都心部の

路線の料金は高めに設定し、すいている
外側の環状道路を経由するルートを
安くするそうです。

対象は、首都高速や阪神高速などの
都市部の高速道路だそうです。

首都高では、交通量が多く、渋滞が
慢性化しているそうです。
整備中の首都高中央環状線、東京外郭環状道路(外環道)、
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の
3環状道路を効率的に利用し、渋滞の解消を
図るそうです。

面白い試みです。
このやり方で、渋滞が緩和されれば、全国に導入したら
よいですね。
やってみる価値はあります。

|

ツイッターの業績

米マイクロブログのツイッター(Twitter)が5日、
2013年10~12月期決算を発表しました。

最終的には、5億1100万ドル(約520億円)の
赤字だったそうです。

売上高は市場の予測を上回り、前年同期から
倍増して2億4260万ドル(約250億円)だったそうです。

広告収入は前年同期比121%増の
2億2000万ドル(約220億円)で、そのうち
携帯端末が75%以上を占めたそうです。

利用者は昨年11月の株式上場時の
2億3200万ユーザーから900万増加したそうです。

やっぱり、Facebookや日本では、LINEが人気が
あります。
ツイッターでは競争に勝つのは難しいでしょうか。

|

インドの自動車市場

今週インドで開催される国内最大の自動車 ショーです。

米フォード・モーターや韓国の現代自動車など

世界の自動車メーカー各社は、で小型セダンを
披露するそうです。
これまで格安のハッチバックが独占してきた
インド市場で小型セダンが次の売れ筋に
なると各社は期待しているそうです。

インドの自動車販売は低迷しているそうです。
3月までの1年間の販売台数は2年連続で
前年比割れになるそうです。

でも、世界の自動車メーカーは、インドなどの
新興国市場では、長期的な成長が
見込めると予想しているそうです。

中国も景気が減速していますからね。
インドへの注目が集まります。

|

パナソニックの業績

パナソニックの業績がよくなっているようです。

パナソニックは2月4日、2013年度第3四半期
(4月~12月)決算を発表しました。

最終損益が2430億円の黒字になったそうです。
前年同期6238億円の赤字から大幅に改善し、
過去最高となったそうです。

赤字事業の改善が着実に進んだことにより、
利益が大きく増加したそうです。
特に、テレビ・パネル、小型二次電池などの
改善が寄与したそうです。

リストラや工場の閉鎖とかしましたからね。

2013年度通期の業績見通しは、売上高が7兆4000億円、
営業利益が2700億円、最終利益が1000億円だそうです。

これから、どういう分野で利益をだして
ゆくかが問題ですね。

|

NYダウが安値

NYダウが乱高下しています。

週明け3日のニューヨーク株式相場です。
優良株で構成するダウ工業株30種平均は、
前週末終値比326.05ドル安の1万5372.80ドルで
終わりました。
大幅続落です。
昨年10月17日(1万 5371.65ドル)以来、
約3カ月半ぶりの安値だったそうです。
ハイテク株中心のナスダック総合指数は
同106.92ポイント安の3996.96と、
約2カ月ぶりに4000の大台を割り込んで
終わりました。
新興国経済への警戒が続いています。
米製造業関連指標がよくなかったようです。
世界全体の景気の先行きに対する
不透明感が強まり、ほぼ全面安になりました。
急に、落ち始めましたね。
アメリカが落ちると、世界で株価が
落ちますからね。
日本も続落でしょうね。

|

国内のソマートフォン

国内のソマートフォンの出荷が減っているそうです。

MM総研が30日に2013年の携帯電話の

国内出荷台数を発表しました。

前年比10・2%減の3929万台に
なったそうです。

成長株のはずのスマートフォン(高機能携帯電話)が
3・7%減の2928万台と、早くもマイナス成長になったそうです。
1つは、米アップル社のスマホ「iPhone」に
偏った通信各社の販売施策です。
アンドロイド機など他社製品の出荷減を
招いているようです。

2つめは、従来型携帯電話からスマホへの買い替えが

予想より早く鈍化したことも、主な要因だそうです。

スマートフォンから以前の携帯に戻って
いる人もいるようです。
やっぱり、メリットがないとスマートフォンは
使いませんね。
そこまでの機能は必要ないかも知れません。

スマートフォンは、これからも伸びるでしょうか。

|

NYダウが下落

NYダウがまた下落しました。

最近の、乱高下はひどいですね。
1月31日のニューヨーク株式市場です。
終値は前日比149・76ドル(0・94%)安い
1万5698・85ドルで終わりました。
ハイテク株が中心のナスダック市場の
総合指数は、前日比19・25ポイント
(0・47%)低い4103・88で取引を
終えました。
新興国経済の先行きへの不安が
根強く残っています。
低調な米企業決算もあるそうです。
米景気への不安も高まったそうです。
アメリカの量的緩和の縮小で新興国の
経済に影響が出ています。
まだ続いていますね・
日本だけ、お金が集まって円高に
なっています。

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »