« カフェとコンビニ | トップページ | NYダウが下落 »

キャノンの業績

キヤノンが、2013年12月期の本決算を発表しました。

売上高は3兆7313億円(前期比7.2%増)だそうです。
本業の儲けを示す営業利益は3372億円(同4.1%増)
だったそうです。

増収増益だったようですが、満足できる
水準ではないそうです。

昨年10月24日の第3四半期(2013年1~9月期)決算発表時点で、
会社側は売上高を3兆7500億円(同7.8%増)、
営業利益を3600億円(同11.2%増)という
通期計画を公表していたそうです。
それぞれ187億円、228億円の未達だそうです。

最大の要因は、一眼レフを中心とする
レンズ交換式デジカメの減速だそうです。

スマートフォンがどんどん普及しています。
デジカメも必要がなくなっています。
時代が変わりつつあります。

|

« カフェとコンビニ | トップページ | NYダウが下落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事