« スマートフォンの新OS | トップページ | 中国の新車販売 »

ユーロの成長率

欧州連合(EU)の行政執行機関である
欧州委員会は9日、ユーロ圏に関する
四半期報告書を発表しました。

各国政府が政策を変えない限り、今後10年間の
域内潜在成長率は債務危機前の
10年間と比べてほぼ半減するそうです。

欧州委によると、域内の国内総生産(GDP)
潜在成長率は今後10年間で年率1%を
若干上回る水準に低下するそうです。

生活水準は米国に遅れを取り、その格差は
1960年代以降で最大になるそうです。

米国のGDP潜在成長率は今後10年間で
2.5%だそうです。

よくないようですね。

ユーロの問題は、結局、ドイツとフランスだけが
儲かっていますからね。
他の国は負けています。

ユーロの限界ですね。

|

« スマートフォンの新OS | トップページ | 中国の新車販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事