« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

キャノンの業績

キヤノンが、2013年12月期の本決算を発表しました。

売上高は3兆7313億円(前期比7.2%増)だそうです。
本業の儲けを示す営業利益は3372億円(同4.1%増)
だったそうです。

増収増益だったようですが、満足できる
水準ではないそうです。

昨年10月24日の第3四半期(2013年1~9月期)決算発表時点で、
会社側は売上高を3兆7500億円(同7.8%増)、
営業利益を3600億円(同11.2%増)という
通期計画を公表していたそうです。
それぞれ187億円、228億円の未達だそうです。

最大の要因は、一眼レフを中心とする
レンズ交換式デジカメの減速だそうです。

スマートフォンがどんどん普及しています。
デジカメも必要がなくなっています。
時代が変わりつつあります。

|

カフェとコンビニ

カフェとコンビニの競争が激しくなっています。

大手コンビニ各社が、いれたてのコーヒーを

販売するサービスに力を入れています。

セブン-イレブンの「セブンカフェ」、
ローソンの「マチカフェ」、
ファミリーマートの「ファミマカフェ」などです。

コンビニは店舗数が多く手軽に買えるうえ、
コーヒー自体も安くて味もよいということで、
人気が出ているのです。

それによって、カフェチェーンでは顧客が
奪われて業績が悪化しているのでしょうか。

ドトールの2013年3~8月の業績を見る限り、

同社の売上高、営業利益は伸びているそうです。

でも、これからですね。
少なくとも、マクドナルドの業績は落ちています。
影響を受けていると思いますよ。

注視する必要があります。

|

日本テレビのドラマ

日本テレビのドラマが問題になっています。

日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」です。

熊本市の慈恵病院などが、児童養護施設が
舞台の放送中止などを求めた問題です。

番組提供の全8社が27日までにCM放送を
見送ることを決めたそうです。

日本テレビは、最終回の第9話まで放送する方針だそうです。

29日放送の第3話はACジャパンの
CMが流されるそうです。

スポンサーには、かなり抗議があったのでしょうね。

やっぱり、子供が主人公のテレビは、
倫理がありますね。
誰でも無料で見ることができます。
それが、公共の電波を使用するモラルです。

映画は、お金を払った人しかみれませんが。

|

サムスン電子が減益

サムスン電子が減益になるそうです。

韓国のサムスン電子は2013年の
第4・四半期の営業利益が前年同期比
6%ダウンになったそうです。

8兆3000億円ウォン(約8000億円)だったそうです。

前年実績を割る結果となったのは、11年の
7~9月期以来約2年ぶりのことだそうです。

スマートフォン(多機能携帯電話)向けの
ディスプレイが不振に陥ったことにより、
ディスプレイ部門の利益が10分の1に
ダウンしたそうです。

米アップルとの競争激化によりスマートフォンの
販売も伸び悩み、利益が前年並みに
とどまったそうです。

日本もドコモがiPhoneを販売しましたからね。
中国でもiPhoneを販売するそうです。

サムスンにとっては逆風ですね。
中国メーカーから格安のスマートフォンが
発売されています。

サムスンもこれから大変ですね。

|

日経平均

日経平均が落ちています。

23日のNYダウは175ドル安でした。

中国のPMIが悪化して節目の50を割りました。

影響は東京市場よりも大きく、12月の中古住宅販売件数、

CB景気先行指標総合指数、シカゴ連銀
全米活動指数が市場予測を下回りました。

24日朝方の為替レートは、ドル安が進み
ドル円は103円台前半になりました。
アメリカの影響と、円高で、日経平均も下がりました。
304円安の15391円で終わりました。
円も102円になっています。
アメリカもかなりよくなったと思ったのですが。
少し、指標が悪くなると急落します。
日本も同じですね。

|

アップルのカーナビ

本当かどうかわかりませんが、

アップルのOSにカーナビ機能が
出来るかもしれないようです。
アプリ開発の人が、アップルのiOS 7の
次期バージョンである「iOS 7.1」に
実装予定のカーナビモード「iOS in the Car」の
リーク画像を公開したそうです。
「iOS in the Car」は主にSiriの
アイズフリー機能を使って、
電話や音楽、メッセージ、道順を
調べたりできる機能だそうです。

現在AudiやBMW、フェラーリなどの
自動車メーカーが2014年モデルへの
搭載を検討しているそうです。

iOSはスマートフォンのOSですね。
カーナビも、スマートフォンで出来るように
なるかもしれません。

|

NECビッグローブ

NECビッグローブが売却されるようです。

「NECビッグローブ」は、大手電機メーカーの
「NEC」の、子会社です。
インターネットの接続サービスを手がけています。
国内の投資ファンドに売却する方向のようです。

投資ファンドの「日本産業パートナーズ」に
売却する方向で最終調整に入ったそうです。

両者は今後、売却額など詰めの交渉を進め、
早期の合意を目指すそうです。

NECビッグローブは、平成18年に
NECのインターネット接続サービス事業が
独立する形で設立されました。
現在、個人を中心におよそ300万人の
会員が登録しているそうです。

しかし、ここ数年はスマートフォンの普及で
新規の契約が伸び悩み、事業の環境は
厳しくなっていたそうです。

プロバイダーだけでは難しいのでしょうか。
300万人の会員って多いですね。

|

任天堂

最近、任天堂のニュースが多いですね。

任天堂は、平成26年3月期連結業績予想を
大幅に下方修正しました。


家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」の発売以来、
約30年間にわたってゲーム業界をリードしてきました。


平成26年3月期連結営業損益を1千億円の
黒字予想から350億円の赤字に下方修正しました。
売上高もピーク時の3分の1にまで減少したそうです。
3期連続の営業赤字見通しとなったそうです。

ユーザーがスマートフォンに移行したそうです。
でもでですね。
結局、魅力のあるコンテンツ、ソフトがないのです。


任天堂は、売上げが好調の時に、ソフト会社を
かなりいじめていたそうです。
ソフト会社も逃げてゆきます。


やっぱり、ウィンウィンの関係でないと
駄目だと思います。
時代の流れです。


|

景気判断

景気判断が4ヶ月ぶるに上方修正されるようです。

政府は17日、1月の月例経済報告を
発表しました。
景気の現状を示す基調判断を
「緩やかに回復している」としたそうです。
4か月ぶりに上方修正したそうです。

基調判断で「回復している」と明記するのは、
リーマン・ショック前の2008年1月以来、
6年ぶりとなるそうです。

昨年12月までは緩やかに
回復しつつある」としていたそうです。
設備投資が上向きで、倒産件数も減少、
個人消費も引き続き好調で、いずれも
判断を引き上げたそうです。

景気が確実によくなっているのですね。
いいことです。
4月から消費税が上がりますが、影響は
軽微になりそうですね。

このまま続いて欲しいですね。

|

スバルのレヴォーグ

スバルのレヴォーグが人気になっているようです。

1月4日から先行予約を開始した『レヴォーグ』の
受注台数が10日間で2700台に達したそうです。

1月4日の初売りから2日間で1600台の
注文があったそうです。

このうちの約5割が『レガシィ』ユーザーだそうです。

また東京都内ではフォルクスワーゲンや
BMW、アウディなどの輸入車からの
代替えも多いそうです。

スバルは根強いファンがいますからね。

でも、製品に魅力がないと買いません。
それだけ、レヴォーグが人気なのですね。

こういう商品を持っているとよいですね。

|

ドコモの新スマホ

ドコモの新しいOSのスマートフォンの発表が

延期されたそうです。
特定メーカーに依存しないスマートフォン
(高機能携帯電話)向け基本ソフト(OS)
「TIZEN(タイゼン)」の事業化です。
NTTドコモは、推進団体「タイゼンアソシエーション」の
中核メンバーの一社だそうです。
16日に予定していた韓国・サムスン電子製の
タイゼン搭載スマホの発表を延期するそうです。
2度目の延期だそうです。
ドコモは再延期の理由を公表していないそうです。
いろいろな憶測があるようです。
タイゼンのバグの問題も言われています。
営業利益の目標の達成が難しいようです。
iPhoneを発売しましたからね。
タイゼンが未知数なのもあります。
原因は何でしょうかね。

|

中国の貿易データ

中国の2013年輸出入総額が初めて
4兆ドル(約400兆円)を突破し、米国を
抜き世界一になる見通しのようです。

英紙フィナンシャル・タイムズは
「中国が世界最強の大国に躍り出たことを
示している」と述べたそうです。

米メディアは複雑な反応を見せているそうです。
中国政府発表の最新統計によると、13年の中国の
輸出入総額は4兆1600億ドル(約433兆円)に達したそうです。
前年比7.6%増だそうです。

中国税関総署報道官、総合統計課課長の鄭躍声(ジョン・ユエション)氏は、
中国が米国を抜き、初めて世界一の貨物貿易国になったと
発表したそうです。

これに対し米誌フォーブス(電子版)は12日、
「中国は本当に世界一の貿易大国か?」と題した記事を掲載し、
誇張していると指摘したそうです。

データの偽造を疑っているようです。
アメリカは今まで、世界一でしたからね。
面白くないでしょうね。
でも栄枯盛衰ですよ。

|

くまモンの効果

くまモンの効果がすごいようです。

熊本県のPRキャラクター「くまモン」です。

過去2年間(2011年11月~13年10月)に
熊本県にもたらした経済波及効果は
1244億円だそうです。

テレビや新聞に取り上げられた広告効果
(パブリシティ効果)は90億円以上だそうです。
ゆるキャラとして「破格の効果」(関係者)を
もたらしているそうです。

2012年分の経済波及効果は508億円で、
日銀の各支店が調査するNHKの大河ドラマ等の
経済波及効果と比較すると、くまモンの圧勝だったそうです。

くまモンは、誰でも使用できますからね。
商品を見れば、熊本とわかります。

そして、購入します。
いろいろな場所で熊本の商品が販売されて
います。

すごいキャラクターです。

|

味噌汁のサーバー

マルコメは27日、家庭用味噌汁サーバー
『椀ショット 極』を発売するそうです。

味噌汁を1杯だけ飲みたい時や、いちから
作るのは面倒な時などに重宝するそうです。

同社商品『液みそ』と水をサーバーに
セットしてボタンを押すだけで、作りたての
味噌汁を気軽に飲むことができるそうです。

『液みそ』は、2009年3月より発売しているは
ボトルタイプの液状味噌です。

以来、“味噌を溶く”という手間が減り、
手軽に味噌汁を作れるとして人気を集めているそうです。

機械は“飲みたい時に飲みたい量だけ美味しく作る”ことを
目的に開発されたそうです。

手軽に作れますからね。
いいかもしれません。
味噌汁は余るとおいしさが減りますからね。

|

中国の新車販売

中国汽車工業協会は1月9日、中国における

2013年の新車販売の結果を発表しました。
商用車と輸出を含めた総販売台数は、
前年比13.9%増の2198万4100台だったそうです。
初めて2000万台を突破すると同時に、
米国を上回り5年連続で世界一となったそうです。
日系メーカーでは、
日産自動車が前年比17.2%増の126万6200台。
トヨタ自動車が前年比9.2%増の91万7500台。
ホンダが前年比26.4%増の75万6882台。
3社とも過去最高だそうです。
ドイツ車やアメリカ車も増えていますね。
でも、中国では大気汚染がすごくなっています。
車の台数も増えています。
大気汚染はこれからも悪くなるでしょうね。
自動車の売上げが増えることは、
よいことなのでしょうかね。

|

ユーロの成長率

欧州連合(EU)の行政執行機関である
欧州委員会は9日、ユーロ圏に関する
四半期報告書を発表しました。

各国政府が政策を変えない限り、今後10年間の
域内潜在成長率は債務危機前の
10年間と比べてほぼ半減するそうです。

欧州委によると、域内の国内総生産(GDP)
潜在成長率は今後10年間で年率1%を
若干上回る水準に低下するそうです。

生活水準は米国に遅れを取り、その格差は
1960年代以降で最大になるそうです。

米国のGDP潜在成長率は今後10年間で
2.5%だそうです。

よくないようですね。

ユーロの問題は、結局、ドイツとフランスだけが
儲かっていますからね。
他の国は負けています。

ユーロの限界ですね。

|

スマートフォンの新OS

スマートフォンの新OSが発売されるそうです。

NTTドコモや韓国サムスン電子など日中韓3カ国の

携帯事業者が参加して開発しているスマートフォンの
新OS「Tizen(タイゼン)」です。
搭載したスマホが、今年2月に発表されるそうです。
スマホを動かすための基本的なソフトである
OSは米アップルの「iOS」と米グーグルの
「アンドロイド」がシェア9割超を占めています。
タイゼン陣営は両社に対抗する第三極を築き、
スマホを長期的な収益の柱としたいそうです。
2月にスペイン・バルセロナで開かれる
携帯電話の展示会「モバイル・ワールド・コングレス」の
開幕に合わせ、サムスン製のタイゼン搭載
スマホの発表が計画されているそうです。
どうなるでしょうか。
これまで、OSは全部、アメリカでしたからね。
日本にもよいOSがありますが、なかなか
世界では難しいですね。
これで変わるでしょうか。
注目です。

|

正月の企業別CM

正月の企業別CMはどこが多かったのでしょうか。

ビデオリサーチはこのほど、2014年1月1~3日の
期間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向に
ついて発表したそうです。

「テレビ広告統計」は関東・関西・名古屋の
各民放5局を対象に、テレビCMの
オンエア状況を調査しているそうです。

正月三が日のタレント別・企業別・サービス別の
テレビCM本数で、企業別では
1位スズキ、
2位ダイハツ、
3位ホンダと自動車メーカーがトップ3を独占したおすです。
5位にも日産自動車が入ったそうです。

中でもスズキは、昨年の2倍以上となる
698本のテレビCMを出稿したそうです。
2位以下を大きく引き離したそうです。

これは軽自動車にSUVの要素を取り入れた
新型モデル「ハスラー」が1月に発売されるため、
そのテレビCMを集中的に出稿したようです。

力を入れているのがよくわかります。
日ごろテレビを見なくても正月は見ますからね。

自動車業界は景気がよいのですね。

|

民主党の党員

民主党の党員が減っているようです。

民主党は3日、ことし5月末現在の党員・サポーター数が
昨年同時期に比べて12万6329人減の
21万8508人になったそうです。

組織力の低下を裏付けた格好で、
党再生に向けては党員らの獲得が
大きな課題となるそうです。

党員・サポーターの国会議員以外の内訳は、
党員である地方議員が1817人、
一般党員が3万2352人、
サポーターが18万4197人。
だそうです。

昨年7月に民主党から離れた小沢一郎生活の党代表の
地元である岩手県の党員・サポーターは
1万2303人減の1271人となっており、
党分裂の影響もあるようです。

12万減って21万ですか。
3分の1が減ったのですね。

あんな、政治をやったら失望します。
次の選挙ではさらに減りますね。
まず、政策が駄目ですね。

|

スマホで車を操作

スマホで車を操作できるかもしれません。

パナソニックがスマートフォン(高機能携帯電話)で
自動車を操作できるシ ステムを開発するそうです。

米自動車最大手のゼネラル・モーターズ(GM)など
大手自動車メーカーと連携するそうです。

ラジコンの要領でドアの開閉やエンジンの
始動・停止のほか、車庫入れの運転も
スマホを使ってできるようにするそうです。

自動車各社で自動運転技術の開発競争が
激しくなっています。
パナソニックはスマホの新技術で
存在感を高める狙いがあるそうです。
年内に試作車を造るそうです。

すごいですね。
ここで特許が取れればよいですね。
スマートフォンでは、アメリカや韓国に
負けていますから。

|

サムスン株

サムスン株が下落しているようです。

韓国のサムスン電子の、株式市場の
2014年の取引初日の株価です。

時価総額80億ドル(約8400億円)以上を
失ったそうです。
同社株は主力の携帯電話部門での増益率が

伸び悩むとの懸念から引き続き売られているそうです。

アナリスト調査では、7日発表の10-12月期

(第4四半期)営業利益が前年同期比9.2%増と
予想されているそうです。
これは7-9月期の26%増を大きく下回る水準だそうです。

業績がよいのに下がるのですね。

将来的なものでしょうかね。
スマートフォンもだんだん売上げも落ち着いて
きましたからね。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »