« 働く女性 | トップページ | ホンダが燃料電池車 »

フェイスブック

フェイスブックから若者が離れているそうです。

世界最大の交流サイト(SNS)「フェイスブック」には、
若者離れという問題が出てきたようです。


調査によると世界各地で同様の傾向が
見られるそうです。
この1年で10代のアクティブな利用者数が
5割以上落ち込んだ国もあるそうです。


国別の減少率をみると、2012年第2四半期から
13年第3四半期の間で16~19歳の利用率が
最も減ったのはオランダで52%に達するそうです。
マレーシア(45%)、フランス(44%)、トルコ(43%)、
メキシコ(34%)、
日本(12%)と広い範囲にわたっているそうです。

逆に「LINE」のようなメッセンジャーアプリでは
若者利用者が急増しているそうです。


手軽なメッセージ交換、写真や動画の
共有サービスが受けているようです。

|

« 働く女性 | トップページ | ホンダが燃料電池車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事