« ソニーの業績 | トップページ | 楽天で優勝セール »

中国の大気汚染

中国の大気汚染が韓国へも影響しているようです。

韓国の京畿道東豆川の粗大粒子状物質(PM10)
濃度が平常時の5倍、1時間当たり255マイクログラム
毎立方メートルまで跳ね上がったそうです。
仁川も138、ソウルも112マイクログラム
毎立方メートルを記録したそうです。

東豆川のPM10濃度は、環境部(省に相当)が
定めた基準値(24時間平均で100マイクログラム
毎立方メートル)の2.5倍以上にもなるそうです。

中国で発生したスモッグが北西の風に乗り、
韓半島(朝鮮半島)に襲来しているようです。

中国では石炭の使用量の増加に伴い、
昨年よりもさらに多くのスモッグが発生しているため、
韓半島は来年春まで例年以上に深刻な
スモッグに悩まされる可能性が高いそうです。

すごいですよね。
中国から韓国まで大気汚染の影響がきています。

日本にも来るでしょうね。
でも、すごいのは、大気汚染の起こしている
中国です。
人間が住めなくなると思いますが。

|

« ソニーの業績 | トップページ | 楽天で優勝セール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事