« 中国の資源外交 | トップページ | ローソンが雪冷房 »

韓国のダサソー

韓国での商標権の問題です。

日本の100円ショップ「ダイソー」の韓国の商標権者が、

同国の格安雑貨店「ダサソー」の
運営会社などを相手に起こした商標権侵害禁止訴訟です。
ソウル西部地裁は29日、原告敗訴の判決を
下したことを明らかにしました。
これにより、韓国内で「ダサソー」の商標が
使えるそうです。
同地裁は、「ダサソー」が韓国南東部の慶尚道方言の
「全部買って」と発音が近い点に触れ、「二つの商標は、
発音や観念が違い、商標権を侵害すると
みなすことはできない」と説明したそうです。
韓国は、日本の商品とまったく同じような商品を
同じような名前で販売しています。
普通の国だったら、せめて違う名前にしますよ。
中国と韓国は、パクリ文化ですからね。
そんな国ですから「ダサソー」もわかります。

|

« 中国の資源外交 | トップページ | ローソンが雪冷房 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事