« Windows8.1 | トップページ | 汚染水の処理 »

イプシロン

新型ロケット「イプシロン」が発射直前で

打ち上げが延期になりました。
下村文部科学相は30日の閣議後の記者会見で、
地上設備とロケットがデータをやりとりする時間に、
0・07秒のずれが生じていたことを明らかにしました。

なぜずれが生じたかは不明のようです。
このずれが、誤判断による自動停止に
つながったようです。
下村文科相は「ロケット本体に異常はない。9月の
早い段階で打ち上げられるよう万全を期したい」と
述べたそうです。
0.07秒がどのくらいの影響なのか
わかりませんが。
次回は成功すればよいですね。
日本の宇宙技術が進化します。

|

« Windows8.1 | トップページ | 汚染水の処理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事