« イプシロン | トップページ | 新電力 »

汚染水の処理

福島の原発の汚染水の問題が大きくなっています。

茂木敏充経済産業相は2日、
東京電力福島第1原発での
高濃度汚染水漏れの対策として、
数百億円の国費を投入する考えを
示したそうです。

原子炉建屋周辺の土壌を凍らせて
地下水の流入を防ぐ「凍土遮水壁」の
設置にかかる費用については国が
全額負担するようです。

汚染水から放射性物質を取り除く
除去装置「アルプス」の性能向上にも
国費を投入する方針です。

仕方ないですね。
東電に任せるのは無理ですね。
国が処理するべきです。

汚染水を止めることが最優先です。

|

« イプシロン | トップページ | 新電力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事