« グリーの業績 | トップページ | フィリピンとアメリカ »

自衛隊法

有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が

集団的自衛権行使容認に向けて議論をしています。

今秋にも報告書をまとめるそうです。

自衛権についてポジティブ(できること)
リストからネガティブ(できないこと)リストへの
転換を提言するそうです。

集団的自衛権の行使に関しては全面的に
容認する一方、「地理」「国益」を尺度に一定の
歯止めをかけることも提起するそうです。

自衛隊法もやっぱり、普通の国の基準にすべきですね。
あまりにも規制が多すぎます。

時代や環境が変わっています。
もう変えるべきですね。

|

« グリーの業績 | トップページ | フィリピンとアメリカ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事