« 中国の輸出 | トップページ | 敵基地攻撃能力 »

消費者心理

消費者心理がよくなっているようです。

内閣府が10日に5月の消費動向調査を
発表しました。

消費者心理を表す消費者態度指数
(2人以上の世帯、季節調整値)が
前月比1・2ポイント上昇の45・7になったそうです。
5カ月連続で改善しました。

基調判断は「改善している」へ2カ月ぶりに
上方修正したそうです。

基調判断を「改善している」としたのは、

平成18年4月以来7年1カ月ぶりだそうです。

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に
伴う円安・株高による、企業業績の回復や
給料上昇への期待感があるようです。

為替や株価は、乱高下していますが、全体的に
よくなっているのでしょうね。
このままよくなればよいですね。

|

« 中国の輸出 | トップページ | 敵基地攻撃能力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事