« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

有効求人倍率

有効求人倍率がよくなっているようです。

厚生労働省が28日に5月の有効求人倍率(季節調整値)を
発表しました
0.90倍となり前月から0.01ポイント上昇したそうです。

2008年6月の0.92倍以来、約5年ぶりの
高水準です。
同年9月のリーマン・ショック後で初めて
0.9倍を回復したそうです。

一方、総務省が発表した労働力調査によると、

5月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、

前月と同水準だったそうです。

有効求人数は前月に比べて2.2%増加し、

有効求職者数は前月から横ばいだったそうです。

求人が増えているのですね。

景気がよくなっているのですね。
アベノミックスの影響ですね。

|

中韓首脳会談

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が27日、

国賓として中国を訪れたそうです。
習近平(シーチンピン)国家主席と会談したそうです。
両首脳は北朝鮮の非核化で一致したほか、
安全保障や経済などで連携を強化する
共同声明を発表したそうです。
朴氏は会談後の共同会見で、中韓双方が
日本との関係改善に取り組む考えを示唆したそうです。
ほっておいたらよいと思いますよ。
韓国は行くところがなくて中国を訪問したのですね。
昔からそうです。
結局、韓国は中国の子分から抜け出せません。
せっかく、第二次世界大戦後独立したのにね。
韓国は中国と仲良くしていればよいのです。
日本は、聖徳太子や福沢諭吉が言うように
中国や韓国と一線を画すべきです。
歴史が物語っています。
日本は、中国から東南アジアやインドに
移っているのは正解です。
そちらの国とビジネスをしたほうが
絶対によいと思いますよ。

|

電力会社の株主総会

沖縄電力を除く全国の電力9社は26日、

一斉に株主総会を開いたそうです。
北陸電力を除く8社では、原発からの
撤退など「脱原発」を求める議案が
一部の株主から提出されたそうです。
いずれも否決されました。
電力各社は原子力規制委員会の
新規制基準施行を7月8日に控え、
原発の運転に向けた安全審査の
申請準備を進めています。
停止している原発の再稼働への流れを
株主たちが変えることはできなかったそうです。
株主は、その会社の業績が
上がったほうがよいですからね。
原発は絶対に必要です。
火力では利益は出ません。
電力料金もあがります。

|

すかいらーく

すかいらーくが再上場するようです。

ファミリーレストラン最大手のすかいらーくです。

来年夏にも再上場する方針のようです。

赤字店の閉鎖などを進め、安定的に収益を
稼ぐ体質になっているためだそうです。

米投資ファンド「ベインキャピタル」の
日本法人幹部で、すかいらーく社外取締役も
務める杉本勇次氏が取材に応じました。

すかいらーくは2006年に経営陣による
自社株買い取りを実施して非上場企業になりました。

11年秋からはベインが全株式を買い取り、
再建を主導してきたそうです。

12年末のグループ店舗は06年末より
3割強減らし、物流などでも効率化を進め、
13年12月期には3期連続の黒字になる見通しのようです。

ファンドが経営して黒字はすごいですね。
外食産業はどこも苦戦しています。

通常は上場してすぐ売ってしまいますが、
今回はどうなるのでしょうか。

注目ですね。

|

ダウが安値

4日のニューヨーク株式市場です。

ダウ平均株価(30種)は大幅反落しました。

前週末終値比139・84ドル安の
1万4659・56ドルで終わりました。
約2か月ぶりの安値で取引を終えた。

下げ幅は一時、250ドル近くなったそうです。

中国の株価が落ちた影響もあります。
4%近く落ちています。

日本株は中国の影響のようですが。

そして米国の量的金融緩和策の
縮小をめぐる思惑があります。

否定している記事もありますが、
どうでしょうか。

しばらく不安定な状態が続くでしょう。

|

東京都議選

東京都議選がおこなわれました。

東京都議会議員選挙(定数127)は
23日投開票されました。

自民党が都議会第1党を奪還しました。
公明党と合わせて全員が当選し過半数を
確保しました。

経済政策アベノミクスを前面に訴えた
安倍晋三首相(自民党総裁)の戦略がよかったそうです。

共産党が躍進しました。

前回、第1党の民主党は第4党に
転落しました。
惨敗です。
日本維新の会も伸び悩びました。

民主党のおかげですね。
あれだけ、駄目な政権をしてくれたおかげで、
やっぱり自民党だという人が増えました。

そして、反自民が共産党に流れました。
野党の受け皿になりました。
民主党が駄目になったおかげですね。

民主党は参議院選挙は大変だと思いますうお。
海江田氏を代表にするような民主党は難しいですね。

|

中国の影の銀行

中国で、銀行どうしが資金を融通し合うための

短期金利が急上昇しているそうです。
金融市場が混乱しているようです。
政府が、銀行を介さない金融取引である
シャドーバンキング(影の銀行)の規制に
乗り出したのが要因のようです。
金利上昇で銀行の資金繰りも
難しくなるため、実体経済への影響も
懸念されているそうです。
地方がお金はないのに影の銀行からのお金で
公共事業をおこなっているようです。
そして、中国共産党がお金を得ているようです。
経済をおこなわないと給料がもらえませんからね。
需要がなくてもお金を回します。
そのお金を規制しています。
実体経済に影響がでますね。
影の銀行なんてかなり危険だと思いますが。

|

教育資金贈与

祖父母から孫への教育資金贈与の
非課税制度を活用した「教育資金贈与信託」の
残高です。

三菱UFJ信託銀行などの大手信託4社で、
2013年4月の取り扱い開始から2か月半
(6月18日時点)で1000億円を突破したそうです。
契約件数は1万5000件に達したそうです。

2ヶ月ですからね。1000億円です。
すごい金額です。驚きます。

孫のためにお金を有効に使いたいと
願う高齢者の心をくすぐり、人気を博しているそうです。

この制度は、30歳未満の子や孫への教育資金の
贈与なら1人あたり1500万円まで非課税となるそうです。
平均の贈与額は600万円程度だそうです。

贈与税って高いですからね。
こういうのはよいと思いますよ。
日本は、教育資金が高いですからね。

若い人にお金を流すことはいいことです。

|

貿易赤字

貿易赤字が増えているようです。

財務省が19日5月の貿易統計を
発表しました。

輸出額から輸入額を差し引いた
貿易収支は9939億円の赤字
(前年同月は9079億円の赤字)になったそうです。
5月の赤字額として最大だったそうです。

貿易赤字は11か月連続です。

第2次石油危機の1979年7月~80年8月の

14か月に次ぐ長さとなりました。

輸入額は前年同月比10・0%増の

6兆7616億円だそうです。
夏商戦向けに携帯電話各社が発売した
スマートフォン(高機能携帯電話)が好調で、
製造元の中国や韓国からの通信機が

58・6%増となったことが主な要因だそうです。

資源の輸入が増加したのかと思ったら

スマートフォンですか。
日本製を購入するようにすればよいと思いますが。
アメリカと韓国メーカーでしょうからね。

|

オバマ氏の支持率

オバマ氏の支持率が落ちているようです。

米CNNテレビのデータです。

17日、オバマ大統領の支持率が
45%になったそうです。

5月中旬に実施された前回の
調査から8ポイント下がったそうです。

不支持率は54%で、2011年11月以来、
初めて5割を超えたそうです。

国家安全保障局(NSA)が秘密裏に
個人の通信情報を収集していた問題や、
保守系団体を狙い撃ちにした内国歳入庁
(IRS)の不公平な税務審査などで、オバマ政権への
不信感が高まっているそうです。

歴代の大統領に比べオバマ氏のリーダーシップも
不足していますね。
あのチェンジは何だったのでしょうか。
それでも、シェールガス革命や3Dプリンター革命が
追い風になっていますから幸運です。

|

山本太郎氏

山本太郎氏が参議院選挙に出馬するようです。

生活の党って小沢一郎氏の党ですかね。

生活の党17日の幹事会で、7月の参院選に「脱原発」を
掲げ東京選挙区から無所属で出馬する俳優の山本太郎氏(38)を
支援するそうです。

小沢一郎代表は同日の記者会見で
「(山本氏は)政党の推薦は受けずに戦う方針のようだ。
東京都連を中心に勝手連的に支援する」と述べたそうです。

生活の党の存在が薄いですからね。
少しでも、ニュースを作る必要がありますからね。

今度の選挙でどうなるでしょうか。

注目です。

|

スズキのスペーシアカスタム

スズキが2013年6月12日、ハイトワゴンタイプの

軽乗用車、新型「スペーシア カスタム」を
発売しました。
スペーシアの新しい自動車です。
メーカー希望小売価格は141万2250円~174万5100円
だそうです。

広い室内空間や乗り降りしやすい
パッケージングといった「スペーシア」の
基本性能はそのままだそうです。
力強い印象の外装デザインと、上質感あふれる
ブラック基調の内装デザインを取り入れたそうです。

また、次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」により、
軽やかな加速と力強い走りを実現しながら、
ターボ車では2WDで26.0km/L、4WDで25.0km/Lの
燃費だそうです。

ターボで、25キロですか。
すごいですね。
もう、そういう時代になっています。

競争も激しくなりますが軽自動車がどんどん
進化します。

|

骨太の方針

政府は13日「骨太の方針」をまとめました。

財政健全化を「(アベノミクスの)三本の矢が
持続的に効果を発揮するために極めて重要」と
強調しました。
政府が描くシナリオは、三本の矢の効果で
デフレから脱却し、今後10年間で実質経済成長率を
平均2%にすれば、税収増加で財政再建も進む
好循環が構築できるというものです。
マスコミは、また批判しています。
肝心の成長戦略は市場の失望を買っているのが
実情だということです。
骨太の方針で示した財政再建目標も具体的な
手立ては先送りされたまま。
成長も財政再建も踏み込み不足の政府の姿勢は
株価など市場の不安定化を助長しているそうです。

マスコミは、何を作っても批判するのです。
株価が下がると市場は評価していないと
言います。

株価って、投資家のことですからね。
骨太の対策は、日本の経済に対してです。

産業、経済、雇用です。
投資家のための骨太の方策を作るのでは
ないですからね。
そんなにすぐにできれば苦労はしませんよ。

マスコミは批判ばっかりしなくて対案を
作れといいたいですね。

|

プリウスの生産

トヨタ自動車は、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の
米国での現地生産計画を、一時凍結する方針を
固めたそうです。

全面改良した4代目プリウスを2015年に
発売するのに合わせ、需要が高い米国での
現地生産に踏み切る計画だったそうです。

円高が修正されたため日本からの輸出を
続けるそうです。

円の動向が見えませんからね。
関税がかかっても、今の為替だと、輸出のほうが
よいのでしょうね。

海外生産は部品メーカーも一緒に行く必要が
あります。
コストがかなりかかります。

自動車メーカーの海外工場も為替でかなり
影響を受けますね。

|

携帯電話市場

IDC Japanは12日、国内携帯電話とスマートフォン端末の

2013年第1四半期(1~3月)の
出荷台数を発表しました。

2013年第1四半期の国内携帯電話出荷台数
(スマートフォンとフィーチャーフォンの合計)は、
前年同期比5.9%減の956万台となったそうです。

3四半期ぶりに1,000万台ラインを割り込んだそうです。

同四半期におけるスマートフォン出荷台数は、
前年同期比で4.0%増の681万台にとどまったそうです。

国内通信事業者の販売奨励金戦略の
見直しなどが響いたそうです。

スアートフォンは増えているのですね。
でも全体的には減っています。
もうスマートフォンの購入は落ち着いて
きたのですね。
買い替え需要って限界がありますからね。
スマートフォン市場もだんだん落ち着いています。

|

敵基地攻撃能力

自民党安全保障調査会の岩屋毅会長が11日、

首相官邸を訪れました。
政府が年末に取りまとめる新たな
防衛大綱への提言を安倍首相に提出しました。

自衛のための「敵基地攻撃能力」保有の
検討を求める内容だそうです。
岩屋氏によると、首相は「研究はするべきだ」と
述べたということです。
水陸の部隊も作るべきだと進言したようです。
日本も普通の国の防衛能力を持つべきです。
何があるかわかりませんからね。
いいことです。
少しずつ前に進んでいます。
憲法も早急に改正して欲しいですが。

|

消費者心理

消費者心理がよくなっているようです。

内閣府が10日に5月の消費動向調査を
発表しました。

消費者心理を表す消費者態度指数
(2人以上の世帯、季節調整値)が
前月比1・2ポイント上昇の45・7になったそうです。
5カ月連続で改善しました。

基調判断は「改善している」へ2カ月ぶりに
上方修正したそうです。

基調判断を「改善している」としたのは、

平成18年4月以来7年1カ月ぶりだそうです。

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に
伴う円安・株高による、企業業績の回復や
給料上昇への期待感があるようです。

為替や株価は、乱高下していますが、全体的に
よくなっているのでしょうね。
このままよくなればよいですね。

|

中国の輸出

中国の輸出が減っているそうです。

中国の税関当局が8日5月の貿易統計を
発表しました。

輸出は前年同月比1・0%増の1827億ドル
(約17兆8100億円)だったそうです。
4月(14・7%増)より13・7ポイントも急減速したそうです。

増加幅が1ケタとなるのは、2012年11月(2・9%)以来、
6か月ぶりだそうです。
貿易黒字は204億ドル(1兆9800億円)で、
2か月連続の黒字を維持したそうです。

輸出が急減速した背景には、人民元高による
輸出環境の悪化や欧州の需要減退があります。
そのほか、貿易を装った架空の「水増し輸出」に
伴う代金の国内流入があったそうです。
当局が5月から取り締まりを強化した影響が
あるそうです。

でも、そういうことがまかり通ることが不思議ですね。
香港ですかね。
そこに架空で輸出したのを計上していたそうです。

あまり中国のデータは信用できませんが。
目安ですね。

|

鳩山氏の離党

鳩山氏はまだ民主党だったのですね。

民主党の鳩山由紀夫元首相が、6月末に
同党を離党することになったそうです。

鳩山氏の地元選挙区だった北海道室蘭市の
民主党室蘭支部が7日、明らかにしたそうです。

鳩山氏は今月2日、室蘭支部の幹部らと面会。
鳩山氏が離党の意向を示し、幹部らの慰留にも
応じなかったそうです。

党費が納められている6月いっぱいで
離党するということです。

民主党は、この人で壊れてしまいました。
でも、選んだのは民主党ですからね。

鳩山、管で、国民から民主党は離れて
しまいました。

漁夫の利で自民党に票が戻ってきました。

鳩山氏は、結局日本をめちゃくちゃにして
辞めてしまったですね。

|

1ドルが95円

1ドルが95円になっています。乱高下しています。

6日のニューヨーク外国為替市場の円相場は
一時1ドル=95円90銭をつけました。
結局97円で終わりました。

欧州中央銀行(ECB)理事会の決定などを
受けて円高が進行しました。
約2カ月ぶりの円高ドル安水準です。

ECBが理事会で主要政策金利を据え置き、
具体的な追加緩和策を示さなかったため、
さらなる金融緩和期待で売られていた
ユーロが買い戻され、ドル売りが進んだようです。

株価は少しあがりました。

米週間失業保険申請件数が市場予想を
やや上回ったことを受けています。

少しの情報でアメリカが動きます。
不安が大きいのでしょうね。

当分は続くのでしょうね。

|

成長戦略

安倍晋三首相が5日に成長戦略

第3弾を発表しました。
14日に正式決定する成長戦略の
主要項目が出そろいました。

日本経済が本当に競争力を回復できるか
内外投資家の注目を集めていました。
一律の法人減税や、雇用流動化策が
盛り込まれなかったため、主軸となる政策が
抜け落ちているとの指摘を専門家から
受けているそうです。
このため投資の自由度確保や、不採算事業からの
撤退と新事業シフトへの足かせが残り、
産業構造の変革や国民所得押し上げの力が
不十分で、具体的な支援策に乏しい内容と
評価されているそうです。
投資家のための成長戦略ではありませんからね。
アメリカのためでもありません。
日本のためです。
いろいろ批判をしているわりには、円高に
なっています。
結局、円を買っています。
株価は、成長戦略を期待していないとかいう人も
います。
そういう人は、具体的な案を出すべきです。
批判はだれでもできます。

|

高齢者の認知症

高齢者の認知症です。

厚生労働省研究班(代表研究者・朝田隆筑波大教授)の
調査です。

65歳以上の高齢者で認知症の人が
推計15%もいるそうです。
2012年時点で462万人にもいるそうです。

軽度認知障害(MCI)と呼ばれる「予備群」が
約400万人いることも初めてわかったそうです。

調査は、09~12年度、専門医などがいて

診断環境が整っている茨城県つくば市、
同県利根町、愛知県大府市、島根県海士町、
佐賀県伊万里市、大分県杵築市、
福岡県久山町、同県大牟田市など8市町で
選んだ高齢者5386人分の調査データを使って
計算したそうです。

400万人って多いですね。
それでも15%ですからね。

社会保障費も増大しますね。
高度成長期を牽引した人が高齢化して
いますからね。
これからも増えていきます。
実際に数字がでると驚きます。

|

電力料金値上げの影響

4月から関西電力が企業向けなど大口電気料金の

値上げに踏み切りました。

467件の顧客が離脱したそうです。

企業や自治体が、コストアップに直結する
電気料金の値上げを嫌っているためです。

大半は「新電力」(特定規模電気事業者)への
契約変更だそうです。

昨年4月に企業向け料金を引き上げた
東京電力の1年間の顧客流出は約7千件。
関電から新電力への「乗り換え」が一段と
加速する可能性もあるそうです。

送電分離と電力自由化を早急に
おこなうべきですね。

そうでないと、電力料金は下がりませんね。

|

電子ごみ

電子ごみと言うのがあるそうです。

テレビ、冷蔵庫、エアコン、パソコン
などのごみです。

米CNNは「全世界の電子ゴミのゴミ箱」と
題した報道を放送したそうです。

テレビ、冷蔵庫、エアコン、パソコンなどの
全世界の電子ゴミの70%は最終的に
中国にたどり着くそうです。

電子ゴミの海外移転は国連が
禁じているため、多くは違法な手段で
中国に持ち込まれるそうです。

資源を回収するそうです。
同地に住む子どもの血液からは
平均値を大きく超えた鉛が検出されているそうです。

中国は、海外からの輸入は規制しているそうです。
それでも入ってくるのですね。
問題です。

結局、政府が規制してもできないのでしょうね。
根が深いですね。

|

中国のEU企業

在中国EU商工会議所は30日、2013年の在中国
EU企業ビジネス信頼感調査結果を発表しました。

調査結果によれば、在中国EU企業550社のうち、
80%以上が投資拡大を計画しているそうです。

でも今後2年間の利益を楽観視している企業は
全体の3分の1以下だったそうです。

さらに10%の企業は中国からの資金引きあげを
視野に入れており、利益・収入の増加が
鈍化している企業が多くなっているそうです。

理由としては人件費の高騰、中国とEU経済の減速、
中国企業の台頭がEU企業の利益減少につながって
いるそうです。

景気が減速しているのですね。
外資系企業にとって中国の魅力も少なくなって
います。
外資系企業も見直しているのですね。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »