« 都市の高齢者 | トップページ | 福島の観光地 »

スペインの失業率

スペインの失業率が深刻のようです。

スペイン国家統計局が25日2013年第1四半期
(1~3月)の雇用統計を発表しました。

失業率は前期比で1.14ポイント上昇し
27.16%になったそうです。

前年同期比では2.72ポイント上昇しています。

民主化のきっかけとなった1975年の
フランコ総統死去後で最悪の水準を前期に続いて
更新したそうです。

このうち25歳未満の失業率は、前期の55.13%から
57.22%に悪化。

不動産バブル崩壊後の景気低迷で、特に若年層の
雇用が急激に悪化しているそうです。

雇用がよくないことは景気もよくなっていませんね。
ヨーロッパの今後はどうなるのでしょうかね。

 

|

« 都市の高齢者 | トップページ | 福島の観光地 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事