« 村上春樹氏の新刊 | トップページ | 中国の成長率が鈍化 »

宮城の水産特区

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた

漁業の復活についてです。
宮城県が10日、漁業権を民間企業に
開放する「水産業復興特区」を国に
申請しました。
対象地の石巻市・桃浦(もものうら)漁港で
一足早く設立され、受け皿となる見込みの
会社は3月、養殖カキの初出荷にこぎつけ
順調に滑り出しているそうです。
県は桃浦をモデルケースに「漁協任せ」からの
脱却を目指すそうです。
もともと先細り状態だった水産業に、
特区がよい方向にいくでしょうか。
農業も漁業も、高齢者が多くなっています。
後継者もいないところが多くなっています。
でも外から入ろうとしても規制がおおくて
入れません。
農協とか漁協とかの制約もあります。
本当に農業や漁業の発展させようとするのなら
規制をなくべきですね。

|

« 村上春樹氏の新刊 | トップページ | 中国の成長率が鈍化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事