« アップルとサムスン | トップページ | 韓国の世論 »

マニュアル車

乗用車のマニュアル・トランスミッション(MT)車が

存在感を高めているそうです。
トヨタ自動車が昨春、13年ぶりにMT車の
スポーツ車を投入したそうです。
団塊世代の購買意欲を喚起しているようです、
計画を上回る販売となっています。
輸入車などで追随する動きが出てきています。
MTの人気の火付け役は、トヨタが昨年発売した
小型スポーツ車「86(ハチロク)」です。
ハチロクの発売からの累計販売台数は
10カ月間で2万6千台です。
月間販売目標1千台を大きく上回っています。
共同開発した富士重工業の「スバル BRZ」も
5600台を販売。
発売直後のMT車受注率はハチロクで6割、
BRZで7割に上ったということです。
団塊の世代ですか。
お金もありますからね。

|

« アップルとサムスン | トップページ | 韓国の世論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事