« 北京で黄色い雪 | トップページ | キプロスの金融問題 »

南鳥島沖のレアアース

小笠原諸島の南鳥島沖で今年1月下旬にレアアース

(希土類)泥の分布調査が実施されました。
分析結果を、海洋研究開発機構、東京大学の
研究チームがまとめました。
海底から回収した堆積物に最大で6500ppm
(1万ppmが1%)という高い濃度のレアアースが
含まれていたそうです。
最大産地・中国の陸上鉱床は500~1000ppm程度で、
今回はそれよりも10倍ほど高い濃度ということです。
すごいみたいですね。
レアアース泥は、ハイブリッド車、液晶ディスプレーなどに
用いられるジスプロシウムやテルビウムなどの
希少な金属を多く含んだ泥状の堆積物で、
太平洋の海底下に広く分布しています。
まだ、効率的に取り出す技術がありませんが、
これからですね。
早く、安価な採掘技術を確立することが
重要です。

|

« 北京で黄色い雪 | トップページ | キプロスの金融問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事