« シャープと鴻海 | トップページ | 原発用のロボット »

中国の食品の摘発

中国の有害食品の犯罪の活動報告です。

報告では、2012年に有害食品や偽薬に絡む犯罪で

8138人が起訴されたそうです。
前年比5倍以上に急増したそうです。
中国では近年、排水溝の廃油を再利用した
有毒な「地溝油」(どぶ油)のほか、豚肉の
赤身を増やすため豚に与える禁止薬物「痩肉精」があります。
医薬品に用いるカプセルから大量のクロムが
検出された「毒カプセル」などもあります。
社会問題になっています。
国民の「食品安全」への不安が高まっています。
中国政府は12年に徹底的な取り締まりを図っています。
本当にこういう「ことをやる人がいるのが問題ですね。
食品は怖くて食べれませんね。
環境汚染、大気汚染もあります。
中国もだんだん人が住めなくなりますね。

|

« シャープと鴻海 | トップページ | 原発用のロボット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事