« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

韓国の自動車ショー

韓国のモータショーです。

日本の自動車メーカー各社が、世界市場の
ライバルである韓国で攻勢をかけています。

韓国のトップ企業、現代(ヒュンダイ)自動車は、
以前は、ウォン安を背景に世界の自動車市場で
日本の牙城に迫ってきていました。

円安基調で日本メーカーが息を吹き返しました。、

トヨタ自動車は、米韓FTAの恩恵を受けようと、
北米で生産する中型セダン「カムリ」を韓国向けに
輸出しています。

平成24年の韓国内での販売台数は、前年比2・2倍の
1万795台と急増しました。

カムリは25年の「韓国カー・オブ・ザ・イヤー」に
輸入車で初めて選ばれ、品質面でも高い評価を受けています。

円安というよりもウォン高ですね。
日本からの輸出ではありませんから。

アメリカと韓国がFTAを結んだのでアメリカで生産した
車を輸出できるようになりました。

これから韓国は大変だと思いますよ。

|

パナソニックの業績

パナソニックの業績の発表がありました。

かなり大変のようです。
パナソニックは2013年3月期に2期連続の
7000億円超の連結税引き後赤字を
見込んでいます。
津賀社長は都内で記者会見し、中期経営計画
(13~15 年度)を発表しました。
本業のもうけを示す連結営業利益を15年度に
11年度の約8倍にあたる3500億円以上に
高める目標を掲げたそうです。
パナソニックは28日、経営不振を招いた要因の
一つであるプラズマテレビへの積極的な投資を
進めた前社長の大坪文雄会長(67)が
辞任すると発表しました。

事実上の引責辞任です。
もっと早く決断すべきでしたね。
各社がプラズマから撤退したのにね。
数千億円を捨てました。
このエンジニアを他の部署で使ったら
もっとよい製品が出来たかもしれません。
完全に経営者の判断遅れですね。

|

ソニーのデジカメ

春商戦で、デジカメが苦戦しているそうです。

その中で唯一、いいスタートダッシュを
見せているのがソニーの「サイバーショット
DSC-WX300」だそうです。

2013年3月27日時点で、価格.comの「デジタルカメラ」
カテゴリーの売れ筋ランキングで9位、
注目ランキング2位に入っているそうです。

「サイバーショット DSC-WX300」は、
35mm判換算で25mm~500mmの画角に
対応する光学20倍ズームレンズを搭載する
コンパクトデジカメです。

本体サイズは96.0(幅)×54.9(高さ)×20.3~25.7(奥行)mm、
重量は約166g(バッテリー、メモリースティック デュオを含む)。

光学20倍以上のズームレンズを搭載した
コンパクトデジカメとしては世界最小・最軽量なのが特徴です。

デジカメは、スマートフォンの影響で売上げが
落ちています。

その中でソニーが頑張っていますね。

スマートフォンでもソニーのXperiaが人気があります。

ソニーのよいところが製品に出るようになっています。
売れるとよいですね。

|

サムスンがベトナムに工場

サムスンがベトナムに携帯電話工場を作るそうです。

サムスン電子がベトナムに世界最大の
携帯電話生産工場を設立します。

サムスン電子は25日、「ベトナム北部タイグエン省で
ベトナム第2携帯電話生産工場着工のための
起工式を開き、工事を開始した」と明らかにしました。

起工式にはベトナムのグエン・タン・ズン首相、河燦浩
(ハ・チャンホ)韓国大使ら両国関係者と
サムスン電子の申宗均(シン・ジョンギュン)IM部門長(社長)、
李相勲(イ・サンフン)経営支援室長(社長)ら
役職員約500人が参加したそうです。

ウォン高でサムスンも国内に工場を作れなくなって
いますね。
日本と同じようになっています。
韓国の雇用が奪われますね。

企業としては仕方ないのかもしれませんが、
韓国としては、マイナスですね。
韓国は、大企業だけですから。雇用影響は
大きいですね。

|

LINEが商品販売

LINEが商品販売をはじめるようです。

「LINE(ライン)」は、携帯電話などで無料の
チャットや通話ができる交流サービスです。

運営企業NHNジャパン(東京)は、ラインを
通じた商品販売の本格化を検討しているそうです。
海外展開も視野に入れるそうです。

ライン利用者は9日時点で1億2000万人です。
うち国内は4500万人で、タイと台湾が各1500万人です。

今はゲームで稼いでいます。

やっぱり、1億人を超えると他のビジネスも
やりたいですね。
せっかく、1億人もユーザーがいますからね。

海外が多いのもいいですね。
販売が成功するかわかりませんが、トライするのも
いいですね。
はじめて、海外でネットで成功する企業になるかも
しれません。

|

キプロスの金融問題

キプロスの金融問題が大変のようです。

支援には7000億円も必要だといわれています。
キプロス政府と欧州連合(EU)ユーロ圏諸国に
よる金融支援をめぐる交渉は24日、
最終局面を迎えています。
アナスタシアディス同国大統領は同日午後に
ブリュッセル入りし、ファンロンパイEU大統領ら
EU首脳と会談しました。
支援承認の最後の機会になるとみられる
同日夜からのユーロ圏財務相会合の開催を
目前に控え、焦点である銀行預金課税法案の
内容などをめぐり協議したそうです。
預金に課税するという法案です。
議会では否決されたそうです。
どうなるでしょうか。
その影響か、また円高になっています。
ヨーロッパの金融不安は、いろいろな国で
出てきています。
ユーロの限界ですね。

 

|

南鳥島沖のレアアース

小笠原諸島の南鳥島沖で今年1月下旬にレアアース

(希土類)泥の分布調査が実施されました。
分析結果を、海洋研究開発機構、東京大学の
研究チームがまとめました。
海底から回収した堆積物に最大で6500ppm
(1万ppmが1%)という高い濃度のレアアースが
含まれていたそうです。
最大産地・中国の陸上鉱床は500~1000ppm程度で、
今回はそれよりも10倍ほど高い濃度ということです。
すごいみたいですね。
レアアース泥は、ハイブリッド車、液晶ディスプレーなどに
用いられるジスプロシウムやテルビウムなどの
希少な金属を多く含んだ泥状の堆積物で、
太平洋の海底下に広く分布しています。
まだ、効率的に取り出す技術がありませんが、
これからですね。
早く、安価な採掘技術を確立することが
重要です。

|

北京で黄色い雪

北京の大気汚染がひどいようです。

黄砂の影響もあるかも知れません。

北京市内では18日夜から、西部と北部を
中心に雪が降ったそうです。
中国新聞社は18日から19日の雪について
「“黄色い”春の雪がひっそりと降った」と報じたそうです。

雪そのものがはっきりとした黄色だった
わけではないようです。

解けるとただちに黄色い泥水になったそうです。

大気中を漂う微粒子を大量に含んでいたそうです。
自動車のガラスなどに雪がつくと、後には泥が
残り、衣服に雪がつくと黄色いしみになるそうです。

すごい現象ですね。
こういう状況でも、中国政府が何もできないのが、
だめですね。

ガソリンの純度を早急にあげるべきです。
何故、やらないのでしょうかね。
人が住めなくなります。

|

韓国の世論

ほぼ同時期に韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権と

日本の安倍晋三政権が発足しました。
スタートダッシュの違いを韓国メディアが
盛んに論じているそうです。
アベノミクスで日本の景気が上向き始めて
います。
朴政権は閣僚の就任さえままならず、
貴重な最初の2週間を棒に振ったということです。
でもやっと閣僚がきまりました。
反日の韓国世論が変わっているようです。
朴政権は前途多難です。
これだけ円安になると韓国のウォン高は、大変だと
思います。
そして北朝鮮が挑発しています。
朴大統領がリーダーシップを発揮できるでしょうか。
安部政権は、既にTPPに参加の決断をしました。
韓国の輸出はこれから大変ですね。
まだスタートですから。
正念場です。

|

マニュアル車

乗用車のマニュアル・トランスミッション(MT)車が

存在感を高めているそうです。
トヨタ自動車が昨春、13年ぶりにMT車の
スポーツ車を投入したそうです。
団塊世代の購買意欲を喚起しているようです、
計画を上回る販売となっています。
輸入車などで追随する動きが出てきています。
MTの人気の火付け役は、トヨタが昨年発売した
小型スポーツ車「86(ハチロク)」です。
ハチロクの発売からの累計販売台数は
10カ月間で2万6千台です。
月間販売目標1千台を大きく上回っています。
共同開発した富士重工業の「スバル BRZ」も
5600台を販売。
発売直後のMT車受注率はハチロクで6割、
BRZで7割に上ったということです。
団塊の世代ですか。
お金もありますからね。

|

アップルとサムスン

アップルがサムスンを批判しているようです。

米アップルでマーケティングを統括する
フィル・シラー氏は13日、ロイターとの
インタビューに応じました。

米グーグルのモバイル端末向け基本ソフト

(OS)「アンドロイド」や、同OS搭載の
スマートフォン(多機能携帯電話)を

開発する韓国のサムスン電子に批判的な
見方を示したそうです。

サムスンは14日、スマートフォンの新機種
「ギャラクシーS4」をニューヨークで公開します。
アップルのお膝元の米国でシェアを拡大できるか、
関心が集まっているそうです。

アップルがサムスンを批判するということは、
それだけ余裕がなくなっていることです。

スマートフォンは既にサムスンが勝っています。
タブレットも今年は逆転すると言われています。

アップルは、ジョブズがいなくなって、やっぱり
落ちてきましたね。
次のビジネスモデルは何でしょうか。

|

ネット選挙法案

ネット選挙の法案です。

自民、公明と日本維新の会が法案を提出したようです。

13日、インターネットによる選挙運動を
夏の参院選から解禁する公職選挙法改正案です。
公示・告示後に政党や候補者、一般有権者が
ホームページやブログなどを利用し、
投票を呼びかけることを容認します。
一方、電子メールの利用は政党と候補者に
限ります。
民主党とみんなの党はメール使用を
全面解禁する対案を提出しており、与野党の
修正協議を経て、早ければ月内にも成立するそうです。
メールの全面解禁は難しいですね。

これだけ迷惑メールがありますから。
誰が送ったのかわかりませんから。

与党案でいいと思います。

|

大企業の会社説明

大企業の会社説明も変わってきているようです。

リクルートキャリアの調査です。

調査は941社が対象です。
前年と比べた会社説明会の実施状況を質問しました。

2014年新卒者の就職活動をめぐり、対面型の
セミナーを減らしているそうです。
一方で動画を配信するなど、インターネット上で
「会社説明会」を行う大企業が増えたそうです。

採用期間が短くなっています。
プロセスの効率化を図る企業側の動きがあるようです。

その結果、従業員5000人以上の66社のうち、
従来の対面型の会社説明会を「昨年より減らした」企業が
約2割もあるそうです。
「昨年同様」の企業と合わせると、計56%に上るそうです。

逆にウェブでの会社説明会を「減らした」企業は
ゼロで、「増やした」と「昨年同様」が50%ずつだったそうです。

諸職活動が短くなっていますからね。
企業も必死に対応しています。

学生も、企業にあわせて対応してゆく必要があります。

|

原発用のロボット

原発用の廃炉作業用のロボットです。

福島第1原子力発電所の事故を受けて、

政府主導で開発されてきた廃炉作業用ロボットです。

ようやく実用化の段階に入ってきたそうです。

日本のお家芸である産業用ロボットだけでなく、
官民ともこれを機に将来は災害用ロボットに
発展させたいそうです。
次世代産業として育成したい考えのようです。

だが、需要創出や量産化などが難しく、
ビジネスとして成り立たせるにはいろいろな
問題があるようです。

三菱重工業製ロボット「スーパージラフ」です。
エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主導し、
約10億円の政府補助金を受けて研究開発が
進められた廃炉作業ロボットです。

でも、人ができませんからね。
遠隔操作するしかありません。

これらの技術が他の分野でも使えればよいですが。

|

中国の食品の摘発

中国の有害食品の犯罪の活動報告です。

報告では、2012年に有害食品や偽薬に絡む犯罪で

8138人が起訴されたそうです。
前年比5倍以上に急増したそうです。
中国では近年、排水溝の廃油を再利用した
有毒な「地溝油」(どぶ油)のほか、豚肉の
赤身を増やすため豚に与える禁止薬物「痩肉精」があります。
医薬品に用いるカプセルから大量のクロムが
検出された「毒カプセル」などもあります。
社会問題になっています。
国民の「食品安全」への不安が高まっています。
中国政府は12年に徹底的な取り締まりを図っています。
本当にこういう「ことをやる人がいるのが問題ですね。
食品は怖くて食べれませんね。
環境汚染、大気汚染もあります。
中国もだんだん人が住めなくなりますね。

|

シャープと鴻海

経営再建中のシャープと台湾の鴻海精密工業は、
出資交渉を進めていました。

3月26日の交渉期限までにシャープに
出資しない方針を固めたそうです。

鴻海は、シャープが近く公表する予定の
中期経営計画などを検討したうえで、
改めて出資の可能性を探っていくそうです。

サムスンが少し出資しますね。

アメリカのクアルコムやインテルなども出資するようです。

アップルの生産があまりよくないようですから、シャープも
大変です。

鴻海精密工業もアップルの生産の減少で影響を
受けているようです。
本当は、シャープの技術を教えてもらいたかった
ようですが。

|

黄砂

中国から黄砂が来る時期になりました。

中国では、砂漠化が進んで、黄砂が増えています。

今回は、PM2.5も一緒に日本へ来るようです。

中国で黄砂が起こった写真がありました。
すごいですね。
砂嵐ですね。

日本でも、黄砂の影響があります。
日本の気象庁によると、黄砂は甘粛省だけでなく
中国西部の広い範囲で発生しており8日午前9時
ごろには長崎や福岡に到達。

その後、西日本を中心に日本の広い範囲に
影響が及ぶそうです。

実際の中国では、もっと大変ですね。
健康への影響も大きいと思います。

過度な工業化が環境破壊を起こして
います。

|

東京の五輪支持率

東京の五輪支持率が上がっています。

国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会
(クレイグ・リーディー委員長)が2020年夏季五輪の
立候補3都市の開催能力を調査していあす。

2日目の東京視察が5日行われました。

IOCが独自に実施した調査で都民の東京開催支持率が
70%だったことが示されたそうです。

東京招致委員会の竹田恒和理事長が、視察終了後の
記者会見で明らかにしました。
全国では67%だったそうです。

いいですね。

どんどん上がっています。
12年五輪を開催したロンドンの68%を超え、
招致成功へ弾みを付けています。

震災もありましたから、絶対にやって欲しいですね。
これで、また日本が飛躍します。

|

メタボ検診

厚生労働省は1日、40歳以上を対象とした

特定健康診査(メタボ健診)の結果を発表しました。
平成23年度の実施率が45%
(前年比1.8ポイント増)にとどまったそうです。
23年度にメタボ健診を受けたのは
2363万人だったそうです。
うち生活習慣の改善が必要とされたのは
17.8%の419万7555人だったそうです。
メタボ健診は腹囲測定や中性脂肪、血圧などの
値から生活習慣病のリスクを判断するものです。
20年から公的医療保険加入者の40~74歳を
対象に実施が義務づけられています。
実施率が少ないのでしょうね。
保険料を下げるために生活習慣を
改善するために実施しています。
成果としてはこれからですね。
もっと健康に気をつける必要があります。

|

Evernoteに不正アクセス

米Evernoteに不正なアクセスがあったそうです。

一部のユーザー情報にアクセスされたそうです。

同社では対応措置として、全ユーザーの
パスワードをリセットしたそうです。

Evernoteを利用するにはパスワードの再設定が

必要になります。
同社の日本語版ブログによると、アクセスを試みた
人物またはグループが、ユーザ名・Evernote
アカウントに登録されたメールアドレス・暗号化された
パスワード等を含むEvernoteのユーザー情報へ
アクセスすることに成功したそうです。
どこからのアクセスでしょうか。

最近は多いですね。
日本でも増加しています。
セキュリティ対策が必要です。

|

眼鏡のJINS

眼鏡のJINSが社員の年収を上げるそうです。

眼鏡店「JINS(ジンズ)」を運営するジェイアイエヌです。

従業員に2013年8月期の賞与を追加で出したと
発表しました。

正社員への支給額は、平均年収の約6%に
あたる金額ということです。

安倍政権が企業に賃上げ要請をしたことに

応えたそうです。

支給されたのは、眼鏡事業を担当する従業員

(役員を除く)で、パートやアルバイトを含め計
約1500人だそうです。

年収を増やしたことで、マスコミに取り上げられます。
宣伝効果が大きいですね。

広告費を払うよりずっといいですね。
こういう企業が増えればよいですね。

|

スズキのスペーシア

スズキが、スペーシアを発売しました。

背高・スライドドア採用のコンパクトカー、
“プチバン”市場に新たな有力車種が
登場しました。

スズキが2月26日に発表した『スペーシア』です。

スズキが3月15日より発売するスペーシアは、女
性ドライバーを中心に需要が拡大するプチバン市場を
ターゲットにしています。

「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」を
コンセプトに開発されたそうです。

室内長2215mm、後席両側スライドドアや
低いステップ高、軽自動車初となるワンアクション
パワースライドドアを採用しました。
シートアレンジや荷室スペースにも配慮したということです。

スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」の
採用により29.0km/リットル(JC08モード)を実現したそうです。

全機種をエコカー減税の免税対象車とし、
価格は122万8500円から153万5100円としているそうです。

29キロってすごいですね。
車内も広くて燃費もよかったら、人気がでますね。

ホンダのNBOXが人気になっています。
かなり売れているようです。

完全に対抗車ですね。
どこまで売れるでしょうか。

どんどん競争が激しくなります。

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »