« ジャパネットたかた | トップページ | プレステーション4 »

787のトラブル

全日空ボーイング787のメーンバッテリーが発煙し、

高松空港に緊急着陸したトラブルです。
787のトラブル問題です。
国土交通省運輸安全委員会は20日、機体の
電気回路の配線に設計ミスが見つかったと発表しました。
トラブルのあった機体を調査中、両翼端と尾部の
ナビゲーションライト(航空灯)がスイッチを
切っても消えないことが判明しました。
設計図の誤りで、補助動力装置用バッテリーの配線が、
他の電気回路を通じメーンバッテリーの配線に
つながっていることが分かったそうです。
そうだと思いますよ。
787機がこんなに、バッテリーばっかりで
焦げるのはシステムの問題ですよ。
通常は、フェイルセーフやフールプルーフの
設計を行っています。
バッテリーの温度が上がったら制御されるのです。
まだよくわかっていませんが、
ヨーロッパのメーカーか韓国メーカーという
話もあります。
原因と作った企業名を公表して欲しいですね。

|

« ジャパネットたかた | トップページ | プレステーション4 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事