« 訪日の外国人 | トップページ | 自動車の海外生産 »

4Kテレビ放送

4Kは、いまのフルハイビジョン方式に比べ解像度が
4倍の映像技術です。

各社が、4Kテレビを発表しています。

次世代の高画質のテレビ技術「4K」を使った放送を、

総務省は2014年7月に世界で初めてスタート
させる方針を決めたそうです。
まず衛星放送のCSで始め、BS、地上波に
広げる計画のようです。
新技術を使った放送コンテンツの普及で
世界に先駆けるほか、地上デジタル放送への
移行で一服したテレビ需要を喚起する狙いがあるそうです。

総務省は本放送を16年に始めることを
目指していたそうです。
2年ほど前倒しします。
14年7月にブラジルであるサッカーワールド
カップ(W杯)決勝トーナメントに合わせるそうです。
来年ですか。
いいですね。
ワールドカップがハイビジョンで見れればよいですね。
地上派は、映像よりも、コンテンツの問題の方が
大きいような気がします。
おわらい芸人を4Kテレビでみる意味はないですね。

|

« 訪日の外国人 | トップページ | 自動車の海外生産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事