« アメリカのLNG輸出 | トップページ | 東京チカラめし »

シャープの新製品

シャープが、新技術による半導体「IGZO(イグゾー)」を
使った高精細の液晶ディスプレー製品を次々に
投入しているそうです。

スマートフォン向けの小型製品だけでなく、
32型の業務用モニターの開発にも成功したそうです。

経営不振に苦しむシャープが、中核の液晶事業で
独自の技術力をてこに業績回復を目指すようです。

従来の液晶に比べて高精細、省電力を実現するカギは、
「TFT」と呼ばれる液晶に欠かせない半導体素子にあるそうです。

従来TFTに用いられた素材の代わりにIGZOを
応用することで、TFTの面積が縮小できたそうです。

実用化に十分な輝度を確保した高精細ディスプレーを
実現することができたそうです。

安く作ることと、韓国に追いつかれないように、することが
大事ですね。

これで、シャープの業績が回復すればよいですが。
やっぱり韓国に負けるといやですね。

|

« アメリカのLNG輸出 | トップページ | 東京チカラめし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事