« 韓国経済 | トップページ | 小沢氏の新年会 »

サムスンの特許侵害

米国際貿易委員会(ITC)が米国で
販売されたサムスン電子の携帯電話の
販売額の88%を特許侵害保証金として
策定したそうです。

30日にドイツの特許専門サイトのフォスパテンツが
伝えたそうです。

ITCのトーマス・ペンダー判事は
10月24日にサムスン電子がアップルの
4件の特許を侵害したと予備判定しました。

サムスン電子に保証金勧告案を提示したそうです。

このサイトが公開した勧告案は、サムスン電子が
アップルの特許を侵害したと認められる
携帯電話販売額の88%、メディアプレーヤー
販売額の32.5%、タブレットPC販売額の
37.6%を保証金に決めたそうです。

勧告案には「何日間の販売額の88%なのか」
などは明示されていないが、業界では通常
60日間の販売額だそうです。

現在サムスンは特許を侵害したという
予備判定を不服として再審理を要請した状態のようです。

スマートフォンでは、アップルは、完全にサムスンに
負けましたからね。
アメリカもいろいろな手を使ってきます。

昔の、日米の自動車や半導体摩擦のようです。
アメリカという国は、自国の企業が負けると、
全面的に反撃してきますからね。

サムスンは気をつける必要があります。
注視する必要があります。

|

« 韓国経済 | トップページ | 小沢氏の新年会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事