« 日本車の中国販売 | トップページ | アメリカのLNG輸出 »

シャンパンが不振

シャンパンが不振のようです。

フランス産スパークリングワインの今年1-9月の
累計出荷本数は5%減となったそうです。

欧州の大部分が陥った景気後退や
高級品ブームの冷え込みが大きく影響したようです。

従来シャンパンが最も売れる年末が近づくにつれ、

消費量は増加するそうです。

シャンパン業界によると、年末のお祭り気分も
過去1年の売上高全体を押し上げるまでは
ないようです。

こうしたシャンパンの需要低迷は、シャンパンの

売れ行きが欧州経済の健全さに結びついて
いるようです。

欧州やフランスの景気は、シャンパンにも
影響を与えているようです。

それだけ、ユーロ圏の状況は悪いのですね。

|

« 日本車の中国販売 | トップページ | アメリカのLNG輸出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事