« シャンパンが不振 | トップページ | シャープの新製品 »

アメリカのLNG輸出

アメリカの「シェールガス」がエネルギーの
バランスを変えるかもしれません。

米エネルギー省は5日、米国が液化天然ガス

(LNG)の輸出許可制限を緩和した場合の影響を分析した
第三者機関の報告書を公表しました。

報告書は、「もたらされる利益は、価格上昇などにより
米消費者が被る損失を上回る」と指摘しました。
輸出拡大を後押ししています。
日本は原発停止で火力発電に使うLNGの輸入が急増し、
米国に輸出拡大を要請しており、日本への支援材料と
なるようです。

米国内では、安価な天然ガス「シェールガス」の
開発が進み生産量が急増しています。
しかし、米国は自由貿易協定(FTA)を
締結していない日本などの国に対しては、
LNGの輸出を制限しているそうです。
このため、日本政府は、燃料調達費を大幅に
下げることなどを狙いに、米国に輸出拡大を
要請しいるそうです。
安く買えるのはよいことです。
日本も自前で開発できる資源がほしいですね。

|

« シャンパンが不振 | トップページ | シャープの新製品 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事