« 文部科学相に田中真紀子元外相 | トップページ | 世界の失業 »

ユーロの失業率

ユーロ圏の失業率がどんどん悪くなっています。

欧州連合(EU)統計局が1日8月のユーロ圏失業率を
発表しました。

季節調整済みで11.4%となったそうです。
前月も11.4%に改定され、失業率は1999年の
欧州単一通貨ユーロ導入以降で最悪の水準に
依然高止まりしているようです。

特に、債務危機に見舞われ、緊縮財政を

余儀なくされている南欧諸国での雇用悪化が
引き続き悪いようです。

スペインの失業率は25.1%(前月は25.0%)、

ポルトガルは15.9%(同15.7%)となった。
スペインの25歳以下の失業率は52.9%(同52.7%)と、

2人に1人以上が失業している状況のようです。
同国では緊縮財政に反対するデモも激化しており、
雇用環境悪化が続けば一段の社会不安を招く恐れもあるそうです。

テレビでもスペインの状況を放送していましたね。
2人に1人が失業なのは異常です。

全然よくなりませんね。
これから、どうするのでしょうか。

 

|

« 文部科学相に田中真紀子元外相 | トップページ | 世界の失業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事