« 石油資源開発が赤字転落 | トップページ | 中国での日本車の不買運動 »

カナダの使用言語

カナダ統計局が2011年の
国勢調査データを24日に公表しました。

同国では国民のおよそ5人に1人に
当たる約663万人が、自宅で公用語
(英語およびフランス語)以外の言語を
使っているそうです。

今回の調査結果によると、カナダでは
人口の58%(約1922万5000人)が英語のみだそうです。

18.2%(約604万3000人)がフランス語のみを
自宅で使用しているそうです。

両方とも前回調査よりわずかに減少し、
多言語を話すという人が増えたそうです。

話す言葉が複数あるというのは、国家としては、
よくないですね。
産業でも、防衛でも、コミュニケーションができません。

歴史も学べません。

アメリカでも、ヒスパニックが増えて英語が
わからなくても、不自由を感じない人が
増えているようです。
移民を受け入れるとこういう問題が
発生します。

|

« 石油資源開発が赤字転落 | トップページ | 中国での日本車の不買運動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事